特別なヴェイロン“ブラック ベス”、北京に登場|Bugatti

特別なヴェイロン“ブラック ベス”、北京に登場|Bugatti

CAR NEWS

Bugatti Vayron 16.4 Grand Sport Vitesse Black Bess
ブガッティ ヴェイロン 16.4 グラン スポーツ ヴィッテス “ブラック ベス”

ブガッティの伝説シリーズ第5弾

特別なヴェイロン“ブラック ベス”、北京に登場

ブガッティは、「ヴェイロン 16.4 ヴィッテス」をベースにした特別仕様車「ブラック ベス」を北京モーターショーにて発表する。ブガッティにまつわる伝説の名を冠した特別モデルの5番目となる。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

今も昔も、市販モデル最速のクルマ

北京でブガッティが発表するのは、6モデルが予定されている伝説の名を冠した一連の特別シリーズの第5段となる「ブラック ベス」。飛行機で初めて地中海縦断を果たし、第一次世界大戦のエースパイロットでもあるフランスの英雄、ローラン・ギャロスの愛車にちなんだモデルだ。

いまでは自転車レースでも有名なモン・ヴァントゥのヒルクライムレースにおいて、ブガッティの創始者エットーレ・ブガッティが「タイプ18」を駆って優勝したのは1912年。当時、ブガッティ タイプ18は100馬力以上を発揮する、排気量5リッターの直列4気筒エンジンを搭載し、市販車最速の100mph(160km/h)を誇っていた。

しかし、エットーレはタイプ18をわずか7台のみ製造し、ごく限られた、特別な相手にしか販売しなかった。そのなかのひとりが、ローラン・ギャロス氏だった。1913年9月18日にギャロス氏の手に渡ったのはシャシーナンバー474と刻まれた2シーターの車体であり、現存するたった3台のブガッティ タイプ18うちの1台である。

後年、イギリスの競走馬にちなんで「ブラック ベス」と名付けられたこの個体は、現在、オランダにあるプライベートコレクション“ローマン博物館”に展示されている。

Bugatti Type 18 “Black Bess”

今回、北京モーターショーにおいてこのオリジナルとともに発表されるのが、タイプ18とおなじく市販車最速をほこる「ヴェイロン 16.4 グラン スポーツ ヴィッテス “ブラック ベス”」。