Dyson|ジェームズ・ダイソンが語る新製品と研究開発

ジェームズ・ダイソンが語る新製品と研究開発

DESIGN PRODUCT

Dyson|ダイソン

初のB to Bアイテム「エアブレード ハンドドライヤーシリーズ」登場

ジェームズ・ダイソンが語る新製品と研究開発

「Dyson(ダイソン)」は、同社では初のB to Bビジネス(対企業向け)製品となるハンドドライヤー「ダイソン Airblade™(エアブレード)ハンドドライヤーシリーズ」3モデルと、最新キャニスター型掃除機「DC63」を発表。「DC63」は、ダイソンオンラインストアと全国の家電量販店などを中心に、4月17日(木)に発売となった。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

蛇口とハンドドライヤーが一体化!

今回発表されたハンドドライヤー「ダイソン エアブレード ハンドドライヤーシリーズ」3モデルは、同社が独自開発したブラシレスDCモーター「ダイソン デジタルモーター(Dyson Digital Motor)V4」を搭載。

ダイソン|エアブレード 05

「ダイソン エアブレード Tap(タップ)ハンドドライヤー」

洗面台を離れることなく手洗いと乾燥が1台でできるハンドドライヤー「ダイソン エアブレード Tap(タップ)ハンドドライヤー」は、赤外線センサーが手の位置を正確に検知。蛇口パイプから自動で水が出るのはもちろんのこと、手を前に近づけると、ダイソン デジタルモーター V4が作動する。

蛇口に付いている2本の細いパイプから空気の層が高速で吹き出し、手についた水滴をかき落とす。乾かすのに必要な時間は、わずか12秒だ。

また、コンパクトな大きさの「ダイソン エアブレード V(ブイ)ハンドドライヤー」は、115度の角度でV 字になった吹き出し口からふたつの高速の空気の層が両手の隅々にまで行きわたり、手についている水滴をかき落とす。こちらはわずか10秒で乾かすことが可能。

オーソドックスなスタイルをもつ「ダイソン エアブレード dB(ディービー)ハンドドライヤー」は、衛生管理にかんするHACCP認証を取得。食品飲料業界でも安全に利用できる。こちらのモデルも、同じく10秒で手を乾かすことができる。

ダイソン|エアブレード 07

「ダイソン エアブレード V(ブイ)ハンドドライヤー」

ダイソン|エアブレード 08

「ダイソン エアブレード dB(ディービー)ハンドドライヤー」

シート状に吹き出すキレイな空気

今回の発表のために来日したジェームズ・ダイソン氏は、従来のハンドドライヤーについて、大きな不満をもっていたという。「手を乾かす時間が長く、音も大きく、あまり衛生的でなく、消費電力も大きい。そこでダイソンでは、シート状に吹き出す空気で、手の表面にある水滴を瞬時にかき落とすことを考えた」と語る。

ダイソン エアブレード ハンドドライヤーは衛生面でも、画期的だ。同社のアレックス・ノックス氏によると、「HEPAフィルター(空気中にふくまれる微細なホコリや細菌などを取り除くために利用する高性能フィルター)を通すことで、最小0.1ミクロンのバクテリアを99.9%除去する」という。さらに、「エアブレードが出す空気は、われわれがトイレで吸っている空気より衛生的だ」と胸を張る。

私たちは空港や商業施設などで、ハンドドライヤーを日常的に利用する。衛生面までしっかり取り組んでいるのは、高く評価できる点だ。

ダイソン|エアブレード 02

この開発のために、ダイソンの125人のエンジニアチームによる3年の研究期間と開発費4000万ポンド(約68億円)が投資され、同社では初となるB to B製品が誕生した。

ジェームズ・ダイソン氏は、「現在、ダイソンは世界で1700 人のエンジニアを雇用しており、その半数以上が英国内での雇用です。の全社員のうち3分の1 以上をエンジニアが占めているが、英国の研究開発センターの規模を倍増させ、現在の2倍のエンジニアを雇用する予定だ」という。

0.5ミクロンのゴミをキャッチする「DC63」

ダイソン エアブレード ハンドドライヤーと同日に発表されたキャニスター型掃除機「DC63」は、一般的な掃除機よりも、最大で40%多くのホコリを取り除くように開発された、最新モデルだ。

ダイソン|エアブレード 09
ダイソン|エアブレード 10

ダイソンのエンジニアは、0.5ミクロン(髪の毛の直径の10分の1の大きさ)の微細な粒子をさらに多く捕えられるよう、サイクロン技術を改善。7年をかけて開発されたダイソン デジタルモーターV4は、世界最小クラスの一体型1150Wモーターで、F1カーのエンジンの5倍の速さで回転。小型でありながら強力なパワーを発揮する。

ヘッドは床面からホコリをかき出し、より多くのゴミを除去できるように設計。丈夫なナイロン素材のブラシがカーペットや畳のゴミを、きめ細かい電導性のカーボンファイバーブラシが、ハードフロア上のホコリを取り除くという。「DC63」は、全国の家電量販店などで、4月17日(木)に発売となった。

DC63 モーターヘッド コンプリート
価格|オープン価格
本体サイズ|193×361×253mm
カラー|ニッケル/ブルー

話そうダイソンお客様相談室
0120-295-731
http://www.dyson.co.jp

Dyson Airblade サイト
http://www.dysonairblade.jp/
https://www.facebook.com/DysonJP