“メルセデスらしい走り”を実現したGLAの魅力|Mercedes-Benz

“メルセデスらしい走り”を実現したGLAの魅力|Mercedes-Benz

CAR

Mercedes-Benz GLA 250|メルセデス・ベンツ GLA 250
Mercedes-Benz GLA 45 AMG|メルセデス・ベンツ GLA 45 AMG

スタイリッシュなコンパクトSUV

“メルセデスらしい走り”を実現したGLAの魅力

「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」と、メルセデス・ベンツがあらたに攻勢を仕掛けたコンパクトカーの一群。そのファミリーの最後を飾る「GLAクラス」が、ついに公道へと現れた。Aクラスをベースとしながら、各所にSUV風の化粧をほどこしたこの新型は、どのようなキャラクターを持つクルマなのか。南スペインは地中海に面した港町、マラガで、河村康彦がドライブした。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

“総仕上げ”としての意味も込められたニューモデル

初のコンパクトSUVであり、SUVラインナップの最後を飾るモデルでもある──昨年秋のフランクフルトショーでワールドプレミアがおこなわれ、この年頭に開催されたデトロイトショーではAMGバージョンが追加披露をされたGLAクラス」を、メルセデスではこのように“自己紹介”する。

Aクラスが「スポーティなコンパクトハッチ」、Bクラスが「オールマイティなコンパクトモデル」、そしてCLAが「個性的デザインを備えた4ドアクーペ」……と、各コンパクトモデルをカテゴリー分けし、ほぼ同様の価格帯のなかで、ことなるコンセプトとセールスポイントをアピールすることでより多様な、そしてこれまでのメルセデス ラインナップではカバーをできなかった顧客層を取り込もうというのが、ニュージェネレーション コンパクトカーと自らが呼ぶ、こうしたモデル群で仕掛ける戦略であるはず。

そして、「スタイリッシュなコンパクトSUV」というキャラクターを前面に押し出すこのGLAは、その“総仕上げ”としての意味も込められたニューモデルというわけだ。

Mercedes-Benz GLA 250

Mercedes-Benz GLA 250

一見では、Aクラスをベースとしながら、各所にSUV風の化粧をほどこしたようにも受け取れるGLAクラスのアピアランス。しかし、実はそれが「ドアハンドルとドアミラーケースを除いては、すべてが専用に起こしたもの」と聞いて、その気合いの入りように驚いた。なるほど見比べれば、ドアのプレスラインやサイドウインドウの形状などが、Aクラスとは“似て非なるもの”だ。

日本への導入が予想され、今回スペインで開催された国際試乗会でもメイン車種としてテストドライブをした2リッターエンジンを7段DCTと組み合わせて搭載する「GLA 250 4マティック」のボディ3サイズは、4,417×1,804×1,494mm。

Aクラスに対して、主にリアのオーバーハングが延長されたことで全長は120mmほど長いものの、ホイールベースは同一値。数字上では全高が60mmほど大きく表されるものの、実はGLAの場合は「ルーフレールを含んで」の値となる。

いずれにしても、こうして全高が1.5メートルに満たない点については、日本特有のパレット式立体駐車場にも無理なく進入が可能で有り難い、といった“歓迎派”と、最低地上高が130mm強しかないこととともに「SUVらしさに欠ける」といった“反対派”の、2つの見方に分かれる可能性がありそうだ。