アップルが車載用インフォテイメントシステム「CarPlay」を発表|Apple CarPlay

アップルが車載用インフォテイメントシステム「CarPlay」を発表|Apple CarPlay

CAR NEWS

Apple CarPlay|アップル カープレイ

フェラーリ、メルセデス・ベンツそしてボルボが先行対応

アップルが車載用インフォテイメントシステムを発表

アップルは3月3日、クルマとiPhoneをシンクロさせる車載用インフォテイメントシステム「CarPlay」を発表した。ユーザーはこのCarPlayで、ダッシュボードに用意される液晶モニターをiPhoneのようにタッチ、または話しかけるだけで、電話、マップ(iOS内蔵の地図アプリケーション)、音楽、そしてメッセージへのアクセスといったiPhone一連の動作が直感的に操作できるようになる。搭載モデルは今週開催のジュネーブモーターショーで初披露される予定だ。

Text by Shinichiro Akizuki(OPENERS)

iPhoneの楽しさをクルマにも

アップルは3月3日、クルマとiPhoneを繋ぐあたらしい車載用インフォテイメントシステム「CarPlay」を発表した。運転中のドライバーによる、クルマ内でのiPhoneの操作を可能にさせるこのCarPlayは、昨年初夏、アメリカ・サンフランシスコで開催された「WWDC2013」のカンファレンスで発表された「iOS in the Car」の正式リリース版だ。

用意されたそのインターフェイスは、アップルらしく極めて簡単でかつシンプルなもの。まずはiPhoneと、CarPlayに対応したクルマとをLightningケーブルで接続。シンクロに成功すると即座に、ダッシュボードにそなわる液晶タッチパネルでの操作が可能となり、またステアリングホイール上のボイスコントロールボタンを押し続けることで、音声アシスタント機能である「Siri」が起動。これにより、ドライバーは運転中であっても注意をそらすことなくCarPlayの操作をおこなえるようになる。

たとえば、連絡先へのアクセス、電話のコール、不在着信があった相手へのコールバック、ボイスメールの確認といった動作はもちろん、着信メッセージの読み上げや、そのメッセージの返信まで、目で確認する必要のないアイズフリーの作業が、Siriによって実現可能となるのだ。

このCarPlayはマップ(iOS内蔵の地図アプリケーション)とも連動しており、連絡先やメール、テキストメッセージからも目的地の設定が可能で、経路案内、道路状況そして予想到着時刻といったGPSナビゲーションとしての役割も併せ持つ。またSiriに直接尋ねれば、クルマの液晶ディスプレイに表示されるマップとともに、音声ガイドによる案内を受けるとることもできる。