INTERVIEW|戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り

INTERVIEW|戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り

Happy? Half Century

「BGブランド」新作はラフなボーダーシャツ

戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り(1)

年明け間もない1月16・17日の2日間、東京・六本木にあるライブレストラン「スイートベイジル139」にて今年最初のカジュアルライブが開催された。今回もまた歌あり、ダンスあり、落語あり(!?) という盛りだくさんの内容に沸いたライブを振り返るとともに、会場で初披露された植木 豪さんとのアパレルプロジェクト「BGブランド」新作アイテムについて二人に聞いた。

Photographs by JAMANDFIXText by FUJITA Mayu

rumors|通販サイトへ

ボーダー×カモフラ、“柄 ON 柄”にトライ

女優の戸田恵子さん、ダンサーの植木 豪さん(PaniCrew)による“BGコンビ”も、2007年の結成から今年で7年目を迎える。きっかけは07年、戸田さんのオリジナルアルバム『ACTRESS』のリリースと、その名を冠したライブだった。これが先日で11回目を数える「カジュアルライブ」の原点であるわけだが、この時、植木さんにオリジナルグッズのデザインを依頼したことから、「BGブランド」は始まった。

その後「BGブランド」では年に二度開催される「カジュアルライブ」に合わせ新作を発表。今回もまた新たなアイテムが披露された。なお、ECサイトrumors(ルモアズ)では新作はもちろんこれまでのアイテムが揃うので、この機会にぜひチェックしてほしい。


──これまでのモノ作りを振り返っていかがですか?

植木 こうしたTシャツだけでなく、バッグやポーチパーカスカジャンベアブリック……いろいろ作ってきたよね。ひとつ、ひとつが“濃い”から余計にそう感じるのかも。たとえばTシャツなら一体のボディにプリントだけ変えていく、という方法だってあるけど、「BGブランド」の場合は毎回ボディから作っているからね。デザイン的なこともだけど、着心地や耐久性だったり、実際に着る人のことを考えると妥協はできない、姉さんのこだわりだよね。

戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り 02

戸田 当初から言っていることだけど、女優という仕事があるなかで、これは別にやらなくてもいいことだと思うんです(笑)。だけど、やりはじめたらおもしろくって、角度は違うけどいろんなことを勉強できる。夜な夜な、プリントする絵柄を紙に描いてTシャツに安全ピンで留めたサンプルを作っては、業者に持参して打ち合わせを繰り返す。そうやって少しずつカタチになっていくことが楽しくて。いまは1年に少なからず2回という決められたペースでやっているなかで、やりたいことはたくさんある。でも全部はできないから、一回、一回やりたいことを突き詰めるべきだなと思っていて。無理かなと思うことでもトライしたいんです。

戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り03
戸田恵子×植木 豪、進化するライブとモノ作り04

──新作のデザインのポイントについてお聞かせください。

植木 今回は初めての総柄、ボーダーです。最初から姉さんのなかにコンセプトがあったから、デザインはやりやすかった。スターモチーフやボーダーの上に迷彩柄を合わせるというのも姉さんのアイデア。ただ、ボーダーの上に迷彩柄のスターモチーフを乗せるだけだと“柄 ON 柄”のおもしろさが活きないから、スターからチェーンを垂らして、よりボーダーに影響するようアレンジしました。飾りをつけたことで勲章のようにも見えるでしょう? ベースがダークトーンだからホワイトをアクセントに効かせています。

戸田 前々からボーダーはやってみたかったから、それはすぐに決まって。ブラック×グレーのダークトーンでまとめて、ラインも細くすることでスタイリッシュな印象になりました。ベースがシックな分、スターモチーフも活きてくるかなと。ボディは今回、襟ぐりを広げたり、裾や袖口もリブではなく“切りっぱなし風”に仕上げたりと、ユルい雰囲気に。着るうちに袖がクルっと丸まってくるんだけど、USEDっぽいというか、ラフでいいかなって。もちろん始末してあるので、糸がほつれたりということはありません。

todakeiko_rumors_banner_140226

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 …