BOOK|障害者アーティストの日常を写し出す『DISTORTION』

BOOK|障害者アーティストの日常を写し出す『DISTORTION』

LOUNGE BOOK

BOOK|ヨーロッパを拠点にする写真家、ロブ・ワルバースさんが撮影

障害者アーティストの日常を写し出す写真集『DISTORTION』

自由な発想や、溢れる才能から繰り出される作品が近年注目を集める障害者アート。障害者アートの魅力を広めるクリエイターユニット「PR-y(プライ)」を主宰する笠谷圭見さんと、写真家のロブ・ワルバースさんが、滋賀県にある障害者施設「やまなみ工房」で活躍するアーティストたちの日常や、創作風景を撮影した写真集『DISTORTION』が出版された。

Photographs by Rob WalbersText by YANAKA Tomomi

障害者の絵画作品をモチーフにしたファッションも収録

2011年6月に、さまざまな分野のスペシャリストが積極的に知的障害者の創作にかかわり、コラボレーションすることで、彼らの活躍の場を広げようと設立された「PR-y(プライ)」。クリエイティブディレクターの笠谷圭見さんを中心に、障害者の絵画作品をデザインモチーフにしたファッションライン「NUDE:PR-y(ヌード プライ)」を発表するなど、多彩な活動を展開してきた。

『DISTORTION』 03
『DISTORTION』 04

障害者の才能が正当に評価され、差別や偏見、そして慈悲というものが“変な”フィルターとなってしまっている実情を変えようと生み出されたのが、英語で“ゆがみ”を意味する写真集『DISTORTION』だ。撮影は「PR-y」のメンバーであり、ヨーロッパを拠点にミュージシャンのライブ写真やポートレートを撮影してきた、ロブ・ワルバースさんが担当。モノクロ写真を中心に、迫力溢れる創作の様子や作品、「NUDE:PR-y」のビジュアルなども100ページにわたって収められている。

ヨーロッパでは、その美術的価値から高値で取引されることも珍しくない障害者アート。写真集『DISTORTION』で、常識にとらわれることのない、自由な芸術を生み出すアーティストの横顔に触れてみたい。

『DISTORTION』 08

『DISTORTION』
著者│笠谷圭見、ロブ・ワルバース
発行所│やまなみ工房
仕様│B4変形、100ページ
価格│4200円
発売中

やまなみ工房
Tel. 0748-86-0334