MARGARET HOWELL|赤峰幸生氏が語るマーガレット・ハウエル

MARGARET HOWELL|赤峰幸生氏が語るマーガレット・ハウエル

春へと誘う、あたらしいシルエット

MARGARET HOWELL|マーガレット・ハウエル

日本を代表するメンズファッションディレクター 赤峰幸生氏が語る
マーガレット・ハウエル×フォックスブラザーズ

楷書体の生地、楷書体の服(1)

メンズファッションディレクターの赤峰幸生氏――デザインカンパニー「インコントロ」を主宰し、自らのブランド「Akamine Royal Line」では、顧客と向かい合い、さまざまな対話のなかから「そのひとの生き方を反映し、そのひとのオーラとバランスを見極めた」一着をつくりあげていく。30年来、マーガレット・ハウエルと交流がある赤峰氏に、インコントロのアトリエで話をきいた。

Photographs by SUZUKI Shimpei Text by KAJII Makoto (OPENERS)

マーガレット・ハウエルは“クラシックな生活者”

昨年ロンドンでマーガレット・ハウエルのコレクションを拝見しました。デザイナーのマーガレットとの出会いから30年近く経ちますが、彼女のモノの考え方は私と似たようなところがあります。それは、司馬遼太郎的とでも言いましょうか、時代を正しく検証をして、そこから自分のクリエイションをつくりあげていくところ。

たとえば、私の「Akamine Royal Line」の服地では、原毛を決めて、糸の太さを考え、どこの織機で、どれぐらいのスピードで織るかをもっとも大切にしています。ユーザーもそういうローテクなことや味を求めています。

マーガレットのクリエイションも、私のこの考え方や表現ととても似ていて、彼女はデザイナーというより“クラシックな生活者”なんですね。日々の暮らし方をカタチにしている。世間はデザイナーという言葉を使いたがりますが、マーガレットの服づくりは、時代に沿って、基本のモノを取り出す、いわゆるマイナスの美学。引き算での服づくりに向き合っていることに、すごく納得できる。そして、最後に残るのが素材の良さなんです。

マーガレット・ハウエル|赤峰幸生 01
マーガレット・ハウエル|赤峰幸生 04
マーガレット・ハウエル|赤峰幸生 07

生きることの「基本のキ」をよく知ること

フォックスブラザーズとは現在のダグラス社長と懇意にさせていただくほどよく知っていますが、魅力は、時代が変わっても変えないことの良さに尽きます。日本では変えることがファッションでトレンドだと考えられていますが、変えないことこそ美しく、変えないことを継承していくのが本当の老舗。フォックスブラザーズはまさに“楷書体”だと思っています。

皆さんも字を習うときは楷書体から習いますよね。楷書で書き順などを覚え、その基本にのっとって行書体がある。それとおなじように、衣食住、人間の五感にもすべて基本があります。たとえば食べることの“基本のキ”は、ご飯をおいしく炊けるか、味噌汁をうまくつくれるかですが、服づくりでいえば、美しい白のシャツができたら一流。柄でごまかすシャツは誰にでもつくれます。

マーガレットの服づくりには、いいものを長く着てほしいという基本があって、20代から70代までの幅広い人たちに服を楽しんでほしいとつくりつづけている。そういうなかに、時代の気分としてミリタリーや、1950~60年代の人びとの暮らし方などを取り入れて表現している。そのものづくりのフィロソフィーはとても共感できるし、彼女はイギリス人、僕は日本人として表現しています。

私の服づくりの基本は、understatement(アンダーステイトメント)。控えめだけど、何気にカッコイイねというもので、デザインはできるだけ省いて、目立つ服はつくりません。トレンドはまったく介入しませんが、色など自分が感じる時代の気分はくわえます。

男のスーツとは、1910年代から今のカタチに決まり、大きく変わっていない“百年服”。世界の男たちが着つづけることによって、男の普遍的なカタチになっています。スーツを着ることは、知性や教養を問われ、そのひとなりがすべて見えること。男が生きていく“基本のキ”として、真面目に着こなしに取り組んでください。(談)