メルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表|Mercedes-benz

メルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表|Mercedes-benz

CAR NEWS

Mercedes-benz V-Class|メルセデス・ベンツ Vクラス

3代目となるメルセデスのミニバン、新型「Vクラス」発表

メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」がモデルチェンジした。ドイツ本国では3月より予約が開始され、5月に販売が開始される予定だ。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

ボディのタイプは全3バリエーション

全長5メールを超えるおおきなボディに、スライドドアや3列シートをそなえ、メルセデス・ベンツらしいラグジュアリーなインテリアをまとった最新の「Vクラス」。初代は1999年に商用バンからの派生モデルとして誕生。2代目ではその名称を「ビアノ」と変更したが(日本ではマイナーチェンジを機にVクラスに戻した)、今回のフルモデルチェンジで、再びVクラスとし、3代目のデビューとなった。

フロントフェイスは「Aクラス」「Eクラス」「Sクラス」「Cクラス」といった最近のモデルにみられるような、押し出しの強いグリルに切れ長のヘッドライト獲得。また、フロントフェンダーからリアへとつづくキャラクターラインや、両端が弓なりに見えるようデザイン処理されたサイドウィンドウの下端ラインなども、最新のメルセデスファミリーであることを明確にしている。もちろん、このヘッドライトにはオプションでLED照明の設定も可能だ。

ボディバリエーションは、全長がことなる3種類が用意。標準モデルでは、全長4,895mm、ホイールベース3,200mm。ロングモデルでは、全長5,140mm、ホイールベースは標準モデルと同様の3,200mm。そして今後販売が予定されているなかで、もっとも長いエクストラロングモデルは、全長5,370mm、ホイールベース3,430mmとなる。すべてのモデルの全高は1,880mmで全幅は発表されていない。

ローンチ時のエンジンは、2.1リッター直列4気筒ターボディーゼルで、100kW(136ps)、120kW(163ps)、140kW(190ps)と出力がことなる3機種を用意。エントリーモデル「V 200 CDI」に搭載されるエンジンは、最高出力100kW(136ps)、最大トルク330Nmを発揮。燃費は6.1ℓ/100km(およそ16.4km/ℓ)、CO2排出量も149g/kmという環境性能をほこる。

中間にあたる「V 220 CDI」には、最高出力120kW(163ps)、最大トルク380Nmを発生するエンジンを搭載。 いっぽう、トップグレードとなる「V 250 BlueTEC」のエンジンは、最高出力140kW(190ps)、最大トルク440Nmのパワーを持つ。これに7Gトロニック プラスと呼ばれるパドルシフト付きの7段ATのトランスミッションを組み合わせることで、0-100km/加速を9.1秒、最高速度206km/hというV6ディーゼルエンジンを搭載していた先代に匹敵する運動性能を実現。それでいながら、燃費は6.0ℓ/100km(およそ16.7km/ℓ)と、28パーセントもの燃費性能を向上させた。

なお、V 200 CDIおよびV 220 CDIに組み合わされるトランスミッションは、6段MTもしくは7段ATが設定される。

新型Vクラスには、ミニバンでありながらもドライビングもたのしめるようあらたに、「アジリティ セレクト」という機能をそなえる。これは、ボタン操作によりEconomical、Sport、Comfort、Manualという4つのドライビングモードを選択できるというもの。各モードにあわせてエンジン、アクセラレーター、トランスミッションの挙動がかわり、シーンにあわせた走りをたのしめるという。また、Economical以外のモードでは、加速時にプラス10kW/40Nmのオーバートルクを得ることができる。