INTERVIEW|『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』ヴィム・ヴェンダース監督 来日記念インタビュー

INTERVIEW|『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』ヴィム・ヴェンダース監督 来日記念インタビュー

LOUNGE INTERVIEW

INTERVIEW|20年来の約束を果たすべく誕生した初の3D採用作品
『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

ヴィム・ヴェンダース監督 来日記念インタビュー(1)

ヴィム・ヴェンダースの最新作『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は、ドイツの振付家ピナ・バウシュのカンパニーを追った、途轍もなく美しいドキュメンタリー・フィルムだ。20年以上にわたって監督の親友だったピナ。彼女と彼女の仕事をスクリーンに収めようとして、それが実現しかけた矢先に、ピナが突然の死を迎える。「にもかかわらず」苦難を乗り越えて完成したこの映画には、ピナの「想い」を引き継ぐダンサーたちの肉体が、しなやかに映し出されている。監督いわく「今まで娯楽的な使われ方をしてきた」3D映像も、この作品ではダンサーの肉体のリアリティと舞台の真実味をスクリーンに映し出すための、最適なツールとして使われている。ピナのファンはもちろん、彼女をはじめて知る人びとにとっても、熱狂的な感動をもたらす映像作品となった。

Text by HISAE Odashima
Photo by RIE Amano

臨場感、現前性を映し出すことを可能にした3D技術

──ヴェンダース監督とピナの出会いは25年前に遡るそうですね。

そうだよ。ピナは、とても優しくて、シャイで、守ってあげたくなる女性だった。それが、仕事となるとどんな男よりも強くて、自分を決して曲げない戦士のような存在になる。そして、ひとの心の奥の奥まで見透かしてしまうような鋭さがあったね。とにかく、あの目と向き合っているとまったくごまかしがきかないんだ。彼女とは会うたびに、一緒に映画を作ろうという話をしていた。長いあいだ、実現できなかったのは、ピナの舞台に触れれば触れるほど「これは特別な世界だ」「映画にすることできるのだろうか?」という、ある種の畏怖の念を感じたからだよ。

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』ヴィム・ヴェンダース監督 来日記念インタビュー|02

舞台とはとても神聖な場所で、それを映画にすることには、従来のやり方ではだめだ。なにか特別な方法が必要だと考えたんだ。

──3D撮影という方法は、まさにその「神聖な領域」に入っていくためのツールだったのですね。

そうだ。これならば、生の舞台の臨場感や、身体のプレザンス=現前性をスクリーンに映し出すことができると思った。これまでの3Dは娯楽的な目的にしか使われてこなかったけれど、本来これほどドキュメンタリーに向いている方法はない、と断言できるよ。『アバター』は、あれはあれで成功した作品だったけれど、ほかの映画では、まだまだ3Dの有効性をあらわし切れていないと思う。今や技術的にもどんどん進化していて、最初50人必要だったスタッフが、終わりころにはたったの5人で済むようになったんだよ。