ベントレー 最新サルーン&クーペの真価とは!?|BENTLEY

ベントレー 最新サルーン&クーペの真価とは!?|BENTLEY

CAR

BENTLEY MULSANNE|ベントレー ミュルザンヌ
BENTLEY CONTINENTAL GT|ベントレー コンチネンタル GT

ベントレー 最新サルーン&クーペの真価とは!? (1)

OPENERSでは、最新のベントレーの真価を探るべく、フラッグシップサルーン「ミュルザンヌ」(写真右)、ラグジュアリーGTクーペ「コンチネンタル GT」(写真左) 2台のテストドライブをおこなった。先日、そのフォトインプレッションをお届けしたが、今回は本編となるジャーナリスト 渡辺敏史氏による試乗記をお送りする。

文=渡辺敏史写真=荒川正幸

受け継がれる職人技術

ロンドンから北西に約400kmあまり。その位置をわかりやすくいえば、バーミンガムとマンチェスターのあいだあたりということになるだろうか。

ベントレーが本拠を構えるクルーという街は、仮にそれをのぞいてしまうと、さしたる産業も見当たらなさそうなふるく小さなところだ。その清閑さに紛れるように、彼らの工場はある。竣工は49年。煉瓦造りのそれを日本では瀟洒というかもしれないが、そんな建物を見慣れたイギリス人にはやや野暮ったく映るのかもしれない。

ベントレーの最新サルーン&クーペ 箱根にてテストドライブを敢行!|BENTLEY |02
ベントレーの最新サルーン&クーペ 箱根にてテストドライブを敢行!|BENTLEY |03

暖簾の歴史の大半をこの街で過ごしてきたベントレーは、フォルクスワーゲンの傘下となった1998年にいくつかの大きな決断を迫られていたはずだ。そのなかには、工場を核としたこの場所を離れ、行政の配慮がいき届いた、モダンで利便性の高い工業エリアに居を移すという選択肢もあったはずである。しかしベントレーはこのクルーという場所を堅持した。とりもなおさず背景にある歴史と、周辺で生活を営む職人たちこそが、自分たちの最大の財産であるという判断だろう。ベントレーのプロダクトにかならずつきまとう「ハンドクラフテッド」という言葉は、この職人たちの技能なくして語れない。いってしまえばそれは怒級の工芸・民芸品的な価値。それはカスタマーがベントレーに求めるもっとも重要なファクターでもある。

件のクルー工場は、フォルクスワーゲンの理解ある膨大な投資によって、生産プラントは唖然とするほどにモダナイズされた。小説のストーリーによく出てくる、傍目を忍んで諜報活動をおこなう秘密基地でもみせられているかのようだ。そして併設された事務方の本社は、バリバリのブリティッシュモダンに彩られてもいる。が、その敷地の半分近くを占める面積には、従業員数の半分以上であろう手練れの職人がいて、いまでも革を縫い、鉄や木を削り磨くという手作業を黙もくとこなしている。そういう姿を目にすると、できあがったものは荘厳に過ぎて身構えるという感覚を超えて、指や掌を使ってでも愛でたくなるほどの距離感になるから不思議なものだ。プライスやステイタスといった俗世の定規の斜めむこうをいくぬくもり。それは普段語られないベントレーの、はずすことのできない価値なのかもしれない。