アウディ初のプレミアムコンパクトSUV「Q3」に中国で試乗|Audi

アウディ初のプレミアムコンパクトSUV「Q3」に中国で試乗|Audi

CAR

Audi Q3|アウディ Q3

トランス・チャイナ・ツアー2011

アウディ初のプレミアムコンパクトSUV「Q3」に中国で試乗(1)

さきごろ発表されたばかりのコンパクトSUV アウディ Q3の国際試乗会が中国で開催された。ジャーナリスト 小川フミオ氏によるインプレッションをお送りする。

文=小川フミオ

大谷達也氏による、アウディQ3国内試乗記はこちら

小型化によりスタイリッシュさと利便性を両立

アウディ Q3はさる2011年4月の上海オートショーでお披露目された新型SUV。「アウディにとって初のセグメントに参入することになる」と、ルーパート・シュタッドラー社長が言うように、スタイリッシュさと利便性を合致させたモデルだ。

Q3を、日本でも販売好調というQ5と比較すると、全長で250mm短い4385mm、全幅で69mmコンパクトな1831mm、そして全高が70mm低い1590mmとなる。メカニカルレイアウトの面でも、Q5ではエンジンが縦置きされるのにたいして、Q3では横置きとなる。

ハッチゲートが寝かされているのも、Q5との大きな相違点。全体の印象は近いものがあるが、実際に並べてみると、「スポーティなキャラクター、エモーショナルなデザイン、情熱を傾けた品質」とさきのシュタッドラー社長の言葉を裏づけるような、個性が際立つ。小まわりが効いて、街乗りにもよさそうだ。

エンジンラインナップは多岐にわたるが、日本市場には2012年なかごろ、最高出力211psの2リッターターボエンジンに、フルタイム4WDシステムであるクワトロを組みあわせたモデルが導入される予定。

アウディ初のプレミアムコンパクトSUV「Q3」に中国で試乗|Audi|02

今回、「トランス・チャイナ・ツアー2011」と銘打たれた試乗会で用意されたのは、まさにこの「Q3 2.0TFSIクワトロ」というモデルだった。