BARNEYS NEW YORK|ボリオリとの蜜月な関係

BARNEYS NEW YORK|ボリオリとの蜜月な関係

トレンドの行間を読む

BARNEYS NEW YORK|バーニーズ ニューヨーク

ボリオリ会長とCEOがイベントに来日!

バーニーズ ニューヨークとボリオリの蜜月な関係

バーニーズ ニューヨーク銀座店が、この10月で開店7周年を迎えた。それを記念し7日から10日まで、トークショーやポップアップストアなど、いくつかのスペシャルイベントが開催されたが、ここではバーニーズ ニューヨークにとって、特別な意味をもつボリオリにスポットを当てる。イベントに合わせ、会長のマリオ・ボリオリ氏が来日。これはめったにあることではない。そこでいろいろお話をうかがった。

Text by OPENERSPhoto by BARNEYS NEW YORK, Gotaro Hosomura

日本でボリオリが展開されるきっかけ

ここ数年、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているボリオリ。なんと日本で展開されるようになったのは、バーニーズ ニューヨークの名物バイヤーである佐野良氏がきっかけだという。佐野氏の鋭い審美眼が、我われに福音をもたらしたのだ。ドーヴァーに代表されるアンコンストラクテッドなジャケットは、いまではおなじみだが、登場した当初は革新的なものだった。

ボリオリは1800年代後期からつづく、クラシカルなファクトリーメゾン。マシンメイドの量産体制ながら、サルトリアの職人技をとりいれたモノづくりをしている。その革新は2003年に登場したKジャケットからはじまった。なんとそれはカシミヤ100パーセントのジャケットに、製品染め加工をほどこしたものだった。ここからモダンクラシックを標榜する、ボリオリの快進撃がはじまるのだ。

芯地なしのショルダー、細身、短丈という流れもボリオリがつくったといっても過言でない。ベーシックなのにコンテンポラリーという、ソフトなジャケットはその後のメンズファッションに多大な影響を与え、まさにエポックといっていいだろう。そう、Kジャケットのあとに登場し、大ブレイクしたのがドーヴァーだ。

もちろん、ドーヴァーはバーニーズ ニューヨークでも好評だ。そんな経緯もあり、バーニーズ ニューヨークとボリオリは、まさにお互いを信頼しあう蜜月な関係性を保っている。今回は、カラーとのコラボレーションで震災支援のジャケットをつくり、そちらも話題だ。

マリオ・ボリオリ会長も7周年イベントに来日!

この10月で7周年を迎えたバーニーズ ニューヨーク銀座店。10月7日から10日まで、記念イベントが開催された。そこにボリオリはポップアップストアを展開。会長のマリオ氏、CEOのファルキ氏が、みずからコーディネートのアドバイスをするというスペシャルなものであった。

また、両者の蜜月な関係を示すものとして、9月16日に福岡の天神にオープンしたバーニーズ ニューヨーク福岡店のことも見逃せないだろう。天神の中心地にある「レソラ天神」の地下1階から、3階までをつかった店舗だが、バーニーズ ニューヨークとしては九州初出店となる。そして、なんとボリオリは、九州地区で一番の品揃えを誇る店として、バーニーズ ニューヨーク福岡店を選らんだのである。両者の信頼関係がうかがえる。

以下のボリオリ会長、マルコ・ボリオリ氏の話を聞けば、ますます納得するだろう。

BARNEYS NEW YORK|バーニーズ ニューヨーク  01
BARNEYS NEW YORK|バーニーズ ニューヨーク  02

ボリオリ会長 マリオ・ボリオリ氏インタビュー

今回のイベントにかんして、とても光栄に思っています。バーニーズ ニューヨークとコラボレーションできるのはとてもうれしいことです。これからはもっといろいろとコラボレーションできたらいいなと思います。今日はその記念すべき日ですね。バーニーズは一番はじめに日本にボリオリを紹介してくれました。バイヤーの佐野さんのおかげです。その意味でとてもバーニーズ ニューヨークを大切に思っています。

日本ではおかげさまで、ボリオリが受け入れられ本当に好調です。これまでもバーニーズ ニューヨークとは、長いおつきあいをしてきました。もちろんディストリビューターの方々もおなじです。そういう歴史を経て、ボリオリは日本のお客様に受け入れられることがわかりました。その売れる意味としては、いまでもイタリアのものはかっちりしたトラッドなものが多かったですが、ボリオリはリラックス感がある着心地を提案しており、それが合っていたのではないかと思います。いまはボリオリのスタイルをほかのイタリアのメーカーも提案しています。我われはティント・カーポ(製品染め)も先駆者ですし、フィット感も大切ですし、素材そのもののリサーチも大切です。ですので、かなりのリサーチをして、その結果が成功したということです。

ボリオリのCEOのロベルト・ファルキが綿密にマーチャンダイジングをコントロールし、私の弟でデザイナーのジジ(ピエルルイジ氏の愛称)、そしてデザインチームと情報を共有しています。私は生産と技術の研究をし、ファルキはビジネスに取り組む、それだけです。ジジとチームメイトはジャケット、シャツ、パンツ、アクセサリーのすべてをふくめてトータルコーディネートを考えていますよ。現在は出荷ベースで35億円くらいです。

2011年春夏は20パーセントアップしました。非常にポジティブな方向ですね。近い将来、ミラノに直営店のオープンを考えていますが、日本にも直営店や百貨店内でのオープンを計画しています。個人的にはドーヴァーが好きです。ドーヴァーのジャケットはアンコンで軽いのですが、その背景には多くのテーラーリングの研究の結果が組み込まれているのです。

いずれにせよ、ボリオリとバーニーズ ニューヨークはベストパートナーだと思っています。バーニーズ ニューヨークの日本でのイメージも、とても私たちのためになっていると思います。東京のみならず、日本でバーニーズ ニューヨークはとてもステイタスがありますし、もちろんニューヨークの店舗でもボリオリは商品を展開していますが、人気を博しています。ベストパートナー。この言葉がふさわしいでしょう。

ボリオリ会長 マリオ・ボリオリ氏

バーニーズ ニューヨーク銀座店
Tel. 03-3289-1200