Woolrich|Chapter01 ウールリッチの歴史的名品は、一生もののダウンジャケット!

Woolrich|Chapter01 ウールリッチの歴史的名品は、一生もののダウンジャケット!

特集 |ウールリッチアークティックパーカー

Woolrich|ウールリッチ 生誕180周年記念

38年ぶりに生まれ変わるウールリッチの歴史的名品は

一生モノのダウンジャケット

アメリカ最古のブランドといわれるウールリッチが、生誕180周年を迎える。伝統と品質、そして地に足のついたあたたかみのあるモダンなイメージが支持され、人気を博している要注目ブランドだ。

Text by OPENERSPhoto by JAMANDFIX

アメリカ最古のアウトドアブランド ウールリッチを再確認

時代を感じさせる1952年のアドデザインフォントデザインが魅力的

時代を感じさせる1952年のアドデザインフォントデザインが魅力的

1830年ペンシルバニア州の創業当時の社屋

1830年ペンシルバニア州の創業当時の社屋

1972年に発表されたオリジナルのアーキテックパーカ。

1972年に発表されたオリジナルのアーキテックパーカ。当時は重ね着するようにたっぷりとした身幅がとられている。

1830年、イギリス移民のジョン・リッチ2世が、アメリカ初の毛織工場を設立したことから歴史がはじまりました。当初は馬車で生地を売り歩き、やがてソックスやひざかけなどの自社製品を開発。南北戦争中は北軍のためにブランケットを製造、その後ハンター用ジャケットやパンツなど多くの新製品を生み出していきました。さらに第二次世界大戦は莫大な需要をウールリッチの工場にもたらし、やがてアメリカ社会において“原料(羊毛)から製品までの一貫生産をおこなえる、もっとも信頼ある会社”として名を広め、ウールリッチはアメリカを代表するブランドへと成長しました。また、アメリカを代表するチェック柄といえば“赤×黒”のバッファローチェックですが、この柄はもともと狩猟のさいにハンター同士の誤射を防ぐためにウールリッチにより開発され、現在もブランドのアイコンとして親しまれています。


その歴史的ベストセラーといえば、「アークティック パーカ」。これは、1972年に極寒の地、アラスカでのパイプラインの建設用に、マイナス40℃の環境にも耐えうるダウンジャケットとして開発され人気となり、全米のアウトドアーズマンに愛されつづけてきた名品である。近年、「アークティックパーカ」はアメリカのみならず、ファッション大国、イタリアで大ヒットを記録している。

そして今秋、創業180年という特別な年に、じつに38年ぶりに「アークティック パーカ」がリニューアルされ、ふたつの「ニュー アークティック パーカ」が誕生した。注目すべき点は、デザイン上の変更はまったくといっていいほどされていないことだ。ダウンの分量とパターンが調整され、しかもロングとショートの着丈が選べるようになり、タウンユースとしての最適なバランスを有している。

写真は着丈が短いタイプの「ニューアークティック パーカ ショート」。オンにもオフにも活用できる汎用性の高さが魅力的で、日本人の身長や体形にも似合う絶妙なサイズ感は、実際に袖をとおしてたしかめてほしい。この飽きのこないあらたな名品は、一着はもっておきたい男の一生モノといえるであろう。アークティックパーカ8万9250円


Woolrich Lable

展開店舗リスト|Le Dome EDIFICE 丸の内店 Tel. 03-6212-2460/BEAMS F Tel. 03-3470-3946/B’2nd.神南 Tel. 03-3770-2921/Lui’s 渋谷パルコ店 Tel. 03-3477-8711/伊勢丹メンズ館 7F オーセンティックカジュアルウェア Tel. 03-3352-1111/銀座三越 7F オーセンティックカジュアル Tel. 03-3562-1111

スープリームス インコーポレーテッド
Tel. 03-3584-1919

この「ニューアークティック パーカ」は、ウェブショップ「ルモアズ」でも展開中!

woolrich_rumors_banner