interview│Chico SHIGETA スペシャルインタビュー(1)

interview│Chico SHIGETA スペシャルインタビュー(1)

FASHION

Chico SHIGETA スペシャルインタビュー

“バイタリティー・コーチング®”がかなえる真のビューティ(1)

イザベル・アジャーニ、ジョン・ガリアーノ、ソフィア・コッポラといった、パリのセレブリティを多数顧客にもち、フランスだけでなく日本においても高い評価を受けるウェルビーイング・コンサルタント Chico SHIGETAさんが来日。オウプナーズのラブコールにより、インタビューが実現しました。
Chicoさんが提唱するセルフケアメソッド“バイタリティー・コーチング®”は、植物の癒しの力、毎日の食事、意識した呼吸、セルフケアマッサージの4つの柱からなる自然の法則に沿ったコーチング法です。さらに、より効果的により楽しくケアできるようつくられた、オーガニック植物を原料とする「SHIGETA at homeシリーズ」の プロダクトも人気。そんな、日本でも大注目の『SHIGETA』の魅力を探ります。

文=染谷晴美Photo by Jamandfix

rumors|通販サイトへ

多くの女性は、サポートを必要としています

――この秋誕生した、伊勢丹新宿店本館2階ビューティアポセカリーにも出店され、ますますご活躍ですね

ありがとうございます。

――もともと美容通のあいだでは熱い支持を集めていた『SHIGETA』ですが、いまやその人気は全国区。なぜ、こんなに受け入れられていると思われますか?

日本に来るたび思うのは、心身ともに疲れ切っている方が多いなということ。みなさん、ものすごくいっしょうけんめい仕事をしている。でも、がんばりすぎて神経衰弱ぎりぎりの状態というか、そこに自分のエネルギーの全部をそそぎ込んでしまっているように見えるんですね。その強い緊張状態ともいうべき状況を変える、あるいは、なにかサポートするものが必要なのかなと感じます。

――みんななにかを探していた。そこにSHIGETAがあらわれたということでしょうか

そうですね。からだや心がなにかサポートを必要としている状態に、SHIGETAのメソッド“バイタリティー・コーチング®”や、メソッドに基づいたプロダクツがぴったりハマったのかもしれません。実際に使ってみて、自分の変化を感じ取ってくれた方々が、ライフスタイルのなかに取り入れてくださったのだと思います。

日本の人たちは、他の国の人に比べて繊細な感性をもっていると思うんですね。

SHIGETAのメソッドやプロダクトを取り入れてくれた実感を、みなさんいろんな機会に報告してくださるのですが、ほんと、いろいろなことを敏感に感じていらっしゃる。そもそも、こちらから説明しなくても、植物由来のプロダクツが効くというのをよくご存じです。SHIGETAはリアルオーガニックにこだわっていますから、その点でも信頼を得ているのだと思います。

“なにか違う”というのがバリューだと、私は思っています

――『SHIGETA』のブレンドエッセンシャルオイルは、とにかく効くと評判です。しかも即効性がある。なぜ、こんなに早く効果が出るのでしょう

効果が出るようにつくっているからです(笑)。
実践して効果がないと続きません。臨場感がないとダメなんですよ。

ブレンディングは、フランス人のケミカリストとのコラボレーションです。彼が分子レベルまで立ち返ってアドバイスしてくれています。具体的には、私が、自分のもつ知識、経験、感性をもとに、効果に加え、香りやセンス、そして使い勝手の面をプランニングし、彼が研究者としての知識と実験で裏付けていくといったチームで追求していきました。

効果はもちろんですが、香りや使い心地も大事です。どんなに効いても心地よくないと使えませんからね。さらに、人間のからだは計算通りではないので、実際に使ったときの反応をみるテストも何度も重ねました。

すべてのプロダクトは、最終的には、実際に私自身が使ったときの感触や効果を判断の基準にしているので、そうとう注文をつけましたね(笑)。

たとえば、「パーフェクトエッセンス」という、アンチエイジングのブレンドオイルをつくったときは、途中でローズやサンダルウッドの量を数パーセント増やすようお願いしました。ローズはとても高価な精油なので、ケミカリストの彼からは、「そんなにローズを増やしたら値段も上がるし、数パーセント増やしたところで、香りも効果も変わらないよ」と言われましたが、私は、どうしても私自身が納得のいくものが欲しかったんですね。

でき上がってみると、やっぱり香りの深みが違いました。彼は、この違いは人には認識できないと主張しましたが、ブラインドテストの結果、そのわずかな違いは私には明らかでした。さらに「パーフェクトエッセンス」は角質が取れるブレンドオイルなのですが、角質の取れ方がぜんぜんちがう。これにはケミカリストたちもかなり驚いていましたね。

もとをただせばわずか数パーセントの差なので、わからない人にはわからないかもしれない。でも、確実になにか違う。そこに共鳴してくださる方に気に入っていただけたらうれしいし、その“なにか違う”というのがバリューだと、私は思っています。

簡単だと使えるし、効いていると思うと“使い続ける”ことができます

――エッセンシャルオイルは一般的に希釈して使いますが、『SHIGETA』のオイルは希釈せずに使える。精油の品質がよいからですか?

品質もそうですが、ポイントはブレンドをしているということ。SHIGETAのエッセンシャルオイルは直接からだにつけられるようにブレンドしてあるのです。ですから、市販されているどのオイルでも直接つけられるわけではないので、そこは気をつけてください。

目的別で選べるブレンドエッセンシャルオイルシリーズは全11種。
「リバーオブライフ」は、健康的なからだへと導くサーキュレーションブレンド

SHIGETAのエッセンシャルオイルは、オーガニック栽培の植物から抽出しています。オーガニックの植物はすごくパワフルだから、精油のチカラも強力。ここの農家で採れたカモミールとか、あの農家で採れたセージというふうに、栽培農家もじっくり選んでいます。安全なブレンドオイルをつくるには、精油そのものの品質もよくないとできません。

なぜオイルを使うかといえば、リラックスや体質改善など、みなさん目的があるからですよね。でも、多くの方は毎日忙しくて、自分のために使える時間は限られています。となると、手間がかかるものは続きません。私自身、面倒くさがりなのでよくわかります(笑)。

だからこのオイルをつくるときも、面倒くさがりの私にできないことはみんなもできないはずと、自分を基準に考えました。その結果、希釈したり、ブレンディングしなくても使える、マッサージもしたほうがいいけれど、つけるだけでも効く、というオイルができたのです。

簡単だと使えるし、効いていると思うと“使いつづける”ことができるんですね。さらに、使いつづけて結果が出ると、次のステップへ進めるようになる。そこが狙いなんです(笑)。

ちょっと手をかけるだけで、からだはどんどん変わっていきますから。SHIGETAがみなさんの“きれいのきっかけ”になれたら、うれしいですね。

Chico SHIGETA
SHIGETA主宰。日本とフランスのさまざまなウェルビーイングへの探究と経験を経て、自然療法に基づいたオリジナル・メソッド=バイタリティー・コーチング®を確立。感性の高いセラピーは、フランスのメディアにも頻繁に紹介され、パリのセレブリティ、アーティスト、ファッションデザイナーを中心に高い評価を受けている。現在は、セルフケアの大切さを伝える啓蒙活動を行うかたわら、大手化粧品会社のコンサルティングやブランドスポークスマンとしても活躍する。

SHIGETA
http://www.shigeta.fr