さる山|「alternative white」濱中史朗展 開催

さる山|「alternative white」濱中史朗展 開催

些細なこと

元麻布『さる山』

「alternative white」 濱中史朗展と、3カ月限定の金沢出店

 

毎年12月、作家、濱中史朗の個展を心待ちにしているひとへ――今回で7回目となる年末恒例の個展「alternative white」が、元麻布『さる山』にて12月14日(土)から22日(日)まで開催される。

Text by YAMAMOTO Chinatsu Photographs by MINAMOTO Tadayuki

祈るかわりに

萩に濱中史朗を訪ねた。決して明るくはない部屋に横長の窓があって、斜めに光が射していた。光の先に彼が座っていて、薄く照らされた横顔はレントゲンみたいに骨格を浮かび上がらせた。うつくしい形だ。

横顔を見せる彼は後頭部を見ている。自分の後頭部を見ている。それが器になる。

ものを見るとき、自分の後頭部を重ねて見ようとしているのだという。自分以外のものを見ているようでいて、自分自身を見ている。あるものをいいと思うか思わないかの判断基準は、すでに自分自身がもっているのかもしれない。ひとは潜在的に自分のもっているものに惹かれるとも言い換えることが出来るだろう。頭という、誰もがもっているもの。だから当然なのだ、彼の器に多くのひとが惹かれることは。

彼の作るスカルはちょうど、頭と茶碗との間に位置しているように思える。実用性と反比例するかのように、頭─スカル─茶碗─湯呑といった具合に頭が抽象化されていく。それでも手に取れば、スカルの丸みと茶碗や湯呑のそれと、心地よく手に添い馴染む感じがとてもよく似ている。

彼が用いる代表的なディテールであるスタッズは、歯である。びっしりとならび、鋭く切り出された形に、歯は固い肉さえ噛み切る刃物のようなものであったと、今更ながらに本来の性質を思い出す。スタッズはひとつひとつ切り出される。聞いただけでも気の遠くなる細かくて単調な作業は、彼にとっては千羽鶴を折るようなものなのだという。祈りのようなもの。自分のためではないし、何か願いを叶えるためでもない。ただ祈るしかない。

洗練されていながら本能に訴えかけ、ショッキングでさえあり、また安らかである。彼の器について語ろうとすると、初めて神饌(しんせん)を見たときの印象と重なる。神様に捧げるために串刺しにされた鹿や猪の頭。その恐ろしいこと、そしてうつくしいこと。一番大事な頭は神様へ、他の肉は神様とともに食す。

彼は器に自分の後頭部を見ている。生み出したものを捧げていると同時に、彼自身が捧げられるものそのものである。だから頭でなくてはならない。

それは趣味ではないし、テイストの問題でもあり得ない。そうするしかなかった切実さが昇華して器になったのだと思う。それが、かっこいいと言われてわけも分からず手に取られる。何と素晴らしいことだろう。

「alternative white」濱中史朗展
会期|2013年12月14日(土)~22日(日)
営業時間|13:00~18:00 会期中無休
『さる山』
東京都港区元麻布3-12-46和光マンション101
Tel. 03-3401-5935
http://guillemets.net/
http://www.facebook.com/guillemets.layout.studio.saruyama

https://twitter.com/conoide

さる山|濱中史朗展 01

さる山|濱中史朗展 02

さる山|濱中史朗展 05

『さる山』が3カ月限定で金沢「モノトヒト」に出店

金沢・広坂にある生活工芸のショップ「モノトヒト」にて、1月10日(金)から3月30日(日)まで、期間限定で『さる山』が出店する。

第一部|1月10日(金)~2月13日(木) 猿山デザインのプロダクトを中心に
第二部|2月15日(土)~3月2日(日) 濱中史朗展
2月15日(土)作家在店
第三部|3月4日(火)~30日(日) 猿山デザイン×作家共作シリーズを中心に

また、1月10日(金)15時より、金沢クラフトビジネス創造機構レクチャールーム(香林坊ラモーダ8F)にて、赤木明登(塗師)、熊田剛祐(東屋 代表)、猿山修(デザイナー/さる山店主)によるレクチャーを開催する。
日時|1月10日(金)15:00~ ※1時間半~2時間程度
会場|金沢クラフトビジネス創造機構レクチャールーム(香林坊ラモーダ8F)
住所|石川県金沢市香林坊2-4-30(必要であれば表記ください)
定員|50名 ※要予約
参加費|無料
申込み方法|e-mailまたはfaxでお申込みください
e-mail:info@kanazawacraft.jp
Fax. 076-265-5108

モノトヒト
石川県金沢市広坂1丁目2-20
Tel&Fax. 076-255-0086
営業時間|11:00~18:00
月曜休(祝日の場合は翌火曜日)
年末年始

http://www.seikatsu-kogei.com/

ABOUT
SARUYAMA Osamu

1966年生まれ。デザイナー(ギュメレイアウトスタジオ)元麻布にて、古陶磁を含むテーブルウェア等を扱う「さる山」(電話03-3401-5935)を主宰。 演劇、映像及び展覧会のための作曲・演奏活動も。2001年よりシアタ …

HAMANAKA Shiro

1969年、萩市大屋に(父 濱中月村)大屋窯を構える。 1970年、山口県萩市生まれ。 98年~99年、出張料理人の佐々木志年氏のもと助手。 代表的な個展・企画は、 2000年、ギャラリー草莽(山口/萩)、フローリスト …