INTERVIEW|松浦俊夫 presents HEX|ジャズ発信のミニマルサウンド(後編)

INTERVIEW|松浦俊夫 presents HEX|ジャズ発信のミニマルサウンド(後編)

LOUNGE INTERVIEW

INTERVIEW|東京から世界へ

老舗レーベル「ブルーノート」が送り出す、プロジェクト“HEX”とは?

世界基準のミニマルジャズ(後編・1)

老舗レーベル、ブルーノートが送り出すプロジェクト「松浦俊夫 presents HEX」前編ではプロジェクトのはじまり、そのサウンド作りについて、プロデューサーの松浦俊夫に話を聞いた。つづく後編ではドラマーのみどりんが登場! レコーディングについて、そして今後について、語ってくれた。

Interview & Text by NAGIRA MitsutakaPhotographs by Mari Amita

──削ぎ落としてもなお“ジャズ”と感じられる音
世界基準のミニマルジャズ(前編)を先に読む

「偶然ポロッと出たものが面白い」

──楽曲はどのようにして作って、レコーディングしていったのでしょうか?

松浦 打ち込まずに生で録っていくパターンもありましたし、プログラミングして、ある程度土台作ってから録るものも両方ありました。たとえば3曲目の「アンセンサード・ラヴ・トランスミッション」は、ある程度土台を作ってから、そこに重ねていきました。

反対にオープニングの「ジャズステップ」は、「なんとなくこんなドラムソロが最初にあって、そのうしろに重なるのはこんな感じ」というように、まったく別の音源を2つ聴いてもらって、そのイメージを元に叩いてもらいました。その2つをどうやって繋ぎ合わせていくかは、みどりん本人のグルーヴに任せて。なかなかうまくいかなくて、何度も録り直したんですけどね。

みどりん 何度も何度もテイクを重ねることで、いらない情報を削ぎ落としていく作業だったと思います。

松浦俊夫 presents HEX 02

松浦 弾くことで、曲に厚みを持たせるのは違うな、というのが自分の中にずっとあって。サンプリングでも、重ねれば重ねるほど音が聴こえにくくなっていくんですね。音をどんどん抜いていって、それでもグルーヴが出せるのか、メロディーに聴こえるのか。そういうことを追求していたんです。それは演奏でも同じなんじゃないかと。普段の演奏から音の数を減らしていけば、きっといいものになる。なんとなくそう確信していました。

みどりん 松浦さんの采配がすごいんですよ。ぼくらとしては「もっとやったら、もっとよくなるんじゃないか」って思うんだけど、松浦さんは止めるんです。「このままの方がいいんだ」って。10段階のところを6段階に留めておく、みたいなことをいつも言っていましたね。

松浦 それ以上追い込むと、面白くなくなるような気がしたんです。「偶然ポロッと出たものが面白いから、それ以上変えないでほしい」って伝えた場面は多々ありましたね。

みどりん ぼくらは手探りでやっているんですけど、松浦さんはアイデアを出し切る前のところで止める。バシッと合う一歩手前で。あとで聴き返してみると「なるほどな」って。「“生まれた瞬間”みたいなものを大切にしているんだ」ってことに気がついたんです。なのでできあがったものは、ものすごくプリミティブな感じですよね。

松浦 生っぽさを残したいというのはありましたね。できあがったものを聴くと、生っぽい部分とそうでない部分が共存しているような気がします。

みどりん 松浦さんがサンプルの音源を聴かせてくれた時点では、正直「これをどうやって取りまとめようかな」という感じでした。松浦さんが求めていたものは、もっと単純なことだと後々知ることになるのですが……。聴かせてくれた曲をそのままやるわけじゃなくて、その曲のエッセンスがほしいんだと。

松浦 その音源に入っていたニュアンスをキープしたまま、さらに先に進めるとしたら、どう表現してくれるのかというのを、ぼく自身すごく楽しみにしていました。

ABOUT
MATSUURA Toshio

1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。 日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。 12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。 独立後も精 …