非のうち所がないスーパーサルーン「S65AMG」発表|Mercedes-Benz

非のうち所がないスーパーサルーン「S65AMG」発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz S 65 AMG|メルセデス・ベンツ S 65 AMG
もはや敵は己のみ?

非のうち所がないスーパーサルーン「S 65 AMG」

東京モーターショーでワールドプレミアされたメルセデス・ベンツSクラス」のフラッグシップモデル「S 65 AMG long」。もはや完璧とおもわれたV8モデルの「S 63 AMG long」をさらにこえる、V12エンジン搭載のスーパーサルーンが登場した。

Text by OHTO Yasuhiro

真打となる「S 65 AMG」が登場!

8年ぶりのフルモデルチェンジをおこない、5.5リッターのV8ツインターボを搭載するハイパフォーマンスモデルの「S 63 AMG long」を発表したSクラス。そのすぐれた性能を多くのジャーナリストが称賛したことは記憶にあたらしい。しかし、11月20日より開催された東京モーターショーでは、更なるハイエンドモデル“S65 AMG long”がワールドプレミアされたのだ。

今回発表された「S 65 AMG long」は、現行Sクラス唯一となる6.0リッターのV12ツインターボを搭載。その性能は、最高出力463kW(630ps)、最大トルク1,000Nmという圧倒的なものだ。ボンネットの中に収まるV12エンジンの表面には、このエンジンが特別な存在であることをしめすように、カーボンファイバー製のエンジンカバーが奢られている。これもこのモデル専用アイテムのひとつ。

Mercedes-Benz S 65 AMG|メルセデス・ベンツ S 65 AMG 32
Mercedes-Benz S 65 AMG|メルセデス・ベンツ S 65 AMG 34

このエンジンの性能を引き出すためのトランスミッションは、先代モデルが搭載していた5段ATにかわり、新型7段ATの“AMGスピードシフトプラス 7Gトロニック”となった。

この新型ATは、ギアが増えたことで、よりダイレクトなドライビングを実現しただけでなく、クルージング中はエンジンの回転数を抑えることが可能となるため、燃料消費削減にも貢献してくれる。もちろん、スポーティなドライビングが楽しめるマニュアルモードも備え、ステアリングコラムに取り付けられたアルミニウム製パドルで自由なシフトチェンジが可能だ。

足まわりも、飛躍的な進化を遂げた。新型Sクラス注目の新技術のひとつであるマジックボディコントロール(MBC)も、AMGスポーツサスペンションに組み込まれている。

このマジックボディコントロールとは、車両正面のステレオカメラが路面の凹凸を検知し、その路面状況におうじてあらかじめサスペンションを制御する機構である。これによりボディの衝撃を最小限に抑え、快適な乗り味を実現。

AMGスポーツサスペンションでは、ドライバーの好みで、快適性を重視したいなら「コンフォート」を、運転を楽しみたいときには「スポーツ」と、ふたつのモードを選択できる。

Mercedes-Benz S 65 AMG|メルセデス・ベンツ S 65 AMG 34

マジックボディコントロールの動作イメージ。2つのカメラが路面の凹凸を三次元でとらえ、サスペンションの設定を瞬時に調整する

その足元に輝くアルミホイールは、専用デザインの20インチAMG鍛造ホイールを装着。これによりバネ下重量は軽減し、ドライブフィールの向上に繋がっている。