ルーテシアR.S.国内発売開始|Renault

ルーテシアR.S.国内発売開始|Renault

CAR NEWS

Renault Lutecia Renault Sport|ルノー ルーテシア ルノー スポール

ルーテシアR.S.国内発売開始

ルノー・ジャポンは、4代目となる新型「ルーテシア」のスポーツバージョン「ルノー スポール」を発表。11月14日より発売を開始する。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

モータースポーツのテクノロジーをフィードバック

ルノー・ジャポンは、4代目となる「ルーテシア ルノースポール」を日本に導入する。その発表を、東京お台場で開催された、モータースポーツジャパンの中でおこなった。

好天に恵まれ、入場も無料ということでおおくの観衆のなか登場したのは、前日のF1日本グランプリで3位入賞をはたした、ロータスのロマン・グロージャン選手。大極司ルノー・ジャポン代表取締役とともに、新型ルーテシア ルノースポールをアンヴェールした。

ルーテシアR.S.は、ルノーのなかでもF1をはじめとするモータースポーツを手がけるルノー スポールが、新型ルーテシアにエンジニングをほどこしたモデル。すでにひとあし先にフランスでの試乗をお伝えしているが、そのルーテシア ルノー スポールがついに国内に導入される。

搭載される1.6リッター直列4気筒ターボエンジンは、最高出力200ps、最大トルクは240Nmを発揮。摩擦を低減するためにダイヤモンドライクカーボンによるカムシャフトタペットのコーティングを採用するなどF1テクノロジーで培われた技術をフィードバックさせている。2リッター自然吸気エンジンを搭載していた先代のルーテシアR.Sと比較すると、最高出力をおなじとしながらも、最大トルクは25Nm向上させている。

トランスミッションには、EDCとよばれる6段デュアルクラッチを組み合わせる。シフトはフロアのほかに、ステアリングコラムに固定されるチタン製のパドルでも操作可能。ブレーキング中にシフトダウン側パドルを引きつづけると複数段さがる、マルチシフトダウン機能も搭載している。

Renault Lutecia Renault Sport|ルノー ルーテシア ルノー スポール
Renault Lutecia Renault Sport|ルノー ルーテシア ルノー スポール

センタコンソール上の、通常のルーテシアでは「ECO MODE」スイッチの場所に、かわってそなわるのが「R.S.ドライブ」ボタン。これにより走行モードをノーマル、スポーツ、レースの3段階から選択可能とする。

通常の走行に適したノーマル時にはEDCのシフトスピードは0.2秒、アイドリングは750rpm。これにたいし、スポーツモードではシフトスピードが0.17秒に上昇、アイドリングも1,000rpmに高められ、アクセルやブレーキのレスポンスも向上する。ESCやパワーステアリングも、よりスポーティなセッティングに変更される。

最後のレースモードはマニュアルモード時のみ選択可能。シフトスピードが最速の0.15秒になるとともに、ESCはすべてOFFとなり車両のコントロールはすべてドライバーに委ねられる。

このクラスのクルマとしては初とうたうローンチコントロールも採用しており、簡単な手順で最大加速を得ることができる。0-100km/hは先代モデルよりも0.2秒速い6.7秒、0-1,000mは27.1秒だ。