国内導入されたゴルフ GTIに早速試乗|Volkswagen

国内導入されたゴルフ GTIに早速試乗|Volkswagen

CAR IMPRESSIONS

Volkswagen Golf GTI|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI

大人のちょい辛スポーツハッチ

フォルクスワーゲン ゴルフ GTIに試乗

7代目「ゴルフ」の導入から遅れること4ヶ月、待望の「GTI」が日本でも発表された。まったくあたらしいプラットフォームに、220psの2リッターターボエンジンを搭載し、ゴルフ伝統のスポーツモデルは、この新型でどう進化したのか。小川フミオが富士スピードウェイを舞台にテストドライブ。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ABE Masaya

ナチュラルな操縦感覚

高性能ゴルフにとどまらず、自動車界のアイコンともいうべき「ゴルフ GTI(369万円)」が、2013年9月25日に日本で発表・発売された。あたらしいプラットフォームを与えられた「7代目ゴルフ」にやや遅れて、220psの2リッターターボエンジンを搭載しての登場だ。

新型ゴルフ GTIをして、フォルクスワーゲン(以下VW)は「操縦性は高性能スポーツカーの領域へ」と謳う。先代より出力は9psアップで220psに、トルクは70Nm増え350Nmになった。それが6段DSG(デュアルクラッチギアボックス)を介して前輪へと伝えられる。くわえて、XDS+、ESC Sport、プログレッシブステアリング、そしてDCCと、安定したスポーツ走行を実現する、数かずの装備が採用されているのも注目点だ(これらについては後述)。

同時に、エンジンは高効率化されて燃費が先代よりリッターあたり2.9km延びたのも、新型GTIの特徴だ。排気の質がよくなっていることも強調されている。現行のユーロ5より排ガス中のNOx(窒素化合物)の含有量の削減を定めたユーロ6の施行は2014年が予定されているが、新型GTIは基準をクリアした最初のクルマとVWは胸を張る。

そして、ゴルフ7で大いに注目されている、アダプティブクルーズコントロール、シティエマージェンシーブレーキ、さらにレーンキープアシストなど、クルマが走行安全性をサポートする多くの機能も用意される。

操縦感覚は、ナチュラル。ただしそのナチュラルさには、急なカーブや濡れた路面で、不安感なくハイスピードドライビングができる、じつはとてつもなく高いポテンシャルが含まれている。そんなすごさを垣間見せるクルマに仕上がっている。