AAF|U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013

AAF|U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013

DESIGN ARCHITECTURE

AAF|U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013

記念シンポジウムには石上純也氏、谷尻誠氏らも参加

建築家による芸術と社会環境の発展を目指すAAF(NPO法人アートアンドアーキテクトフェスタ)は「30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013」を、9月5日(木)~10月5日(土)まで大阪・南港ATCにて開催する。

Text by OKADA Kazuyuki(OPENERS)

この世代の建築家しか表現できない空間

「30歳以下の若手建築家による建築の展覧会」は、活動をはじめたばかりの30歳以下の若手建築家にスポットをあてた展覧会。今年で4回目をむかえる。開催するAAFは「この世代を代表する出展者たちは、新鮮な発想力で人にとって豊かな空間のあり方を模索しながら、ドローイングや模型、体験型のインスタレーションなど、多岐にわたる独自の表現手法を用いてこの世代でしか表現できない空間を追い求めています。さまざまな手法を用いて表現された彼らの眼差しの先にある建築が、これからの新しい建築の可能性を示してくれることでしょう」と、期待する。出展者は、岩瀬諒子氏、植美雪氏、小松一平氏、杉山幸一郎氏、塚越智之氏の若手建築家5名。

著名建築家が集う「U-30 記念シンポジウム」

会期中に開催される記念シンポジウムは今回から規模を拡大、二回の開催となった。北海道から中国地方まで、各地で事務所を構える、著名な建築家たちが集結する。

記念シンポジウム第一回は、9月7日(土)の開催。ゲスト建築家は、芦澤竜一氏(関西)、五十嵐淳氏(北海道)、石上純也氏(関東)、平田晃久氏(関東)、進行役に建築史家の倉方俊輔氏(関西)をむかえる。

U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013 02

そして第二回は、9月28日(土)。ゲスト建築家は、谷尻誠氏(中国)、平沼孝啓氏(関西)、藤本荘介氏(関東)、吉村靖孝氏(関東)、進行役に建築史・建築批評家の五十嵐太郎氏(東北)。

U-30 30歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2013 03

普段、なかなか接することのない著名建築家が、一同に集まる機会。次世代の若い建築家にむけてどのような意見が交わされるのか、期待したい。

Under 30 Architects exhibition 2013
30歳以下の若手建築家による建築の展覧会

日程│2013年9月5日(木)~10月5日(土)
時間│10:00~18:00 日曜・祝日休館
7日(土)、28日(土)のみ20:30まで開場
出展者│ 岩瀬諒子(岩瀬諒子設計事務所)、植美雪(建築設計事務所 可児公一植美雪)、小松一平(小松建築設計事務所)、杉山幸一郎、塚越智之(2K54DSIGN)
会場│ODP ギャラリー
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟10階 ODP
入場料|1000円(先着1000名に限り定価1000円の展覧会図録付き)

U-30 記念シンポジウムI

日程│2013年9月7日(土)
時間│15:30~19:30
ゲスト建築家│ 芦澤竜一、五十嵐淳、石上純也、平田晃久
進行|倉方俊輔(建築史家)
会場│ATC 特設会場 アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟

U-30 記念シンポジウムII

日程│2013年9月28日(土)
時間│15:30~19:30
ゲスト建築家│ 谷尻誠、平沼孝啓、藤本荘介、吉村靖孝
進行|五十嵐太郎(建築史・建築批評家)
会場│ATC 特設会場 アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟

定員|各回500名(事前申込制・当日会場にて先着順座席選択)
入場料|共通入場券 一般3000円、学生2000円(特典:展覧会招待券 2日分付き)
申込方法|「U-30」ウェブサイト申し込みフォームにて
http://u30.aaf.ac

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ
www.aaf.ac

665_50_aaf_banner