特集|Summer Movie Guide 2013~夏休み映画ガイド~

特集|Summer Movie Guide 2013~夏休み映画ガイド~

LOUNGE MOVIE

厳選28タイトル、どれもハズしません!

特集|夏休み映画ガイド2013

この夏も注目作が目白押し。そのなかから、OPENERSが厳選した28タイトルを紹介しよう。映画館で楽しむ約2時間のバーチャルトリップを。

Edited by TANAKA Junko (OPENERS)

※公開表記はすべて2013年8月2日時点

『偽りの人生』

公開中

第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、大きな話題となった2009年のアルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』。そんな世界を魅了した映画のキャストとスタッフが集結して生み出されたサスペンスフルな人間ドラマ、『偽りの人生』が日本にも到着した。

『シャニダールの花』

公開中

2011年に長編作『生きてるものはいないのか』を発表。これまでのビジュアルで魅せる作風から「会話劇」にシフトし、あらたな才能を開花させた石井岳龍監督。そんな彼がいまをときめく綾野剛とタッグ。謎の花を巡るファンタジーを描く。

『熱波』

公開中

前作『私たちの好きな八月』で世界の批評家を唸らせたミゲル・ゴメス監督。無機質感の漂うポルトガル、雄壮さに満ちたコロニアル時代のアフリカを舞台に、ある老女の在りし日の情熱をたどる、上質なドラマを完成させた。

『31年目の夫婦げんか』

公開中

『プラダを着た悪魔』の名コンビが再びタッグ! 夫婦の絆を見つめなおしたいと思い立った妻と、変化を恐れる頑固で保守的な夫。残りの人生をかけた、真剣だけれどユーモアいっぱいの“31年目の夫婦げんか”が幕を開ける。

『ペーパーボーイ 真夏の引力』

公開中

発表されるやいなや話題となった同名小説を、リー・ダニエルズ監督が映画化。主演は『ハイスクール・ミュージカル』で知られるザック・エフロン。主人公ジャックの複雑な感情をリアルに表現し、アイドルからの脱皮を印象付けた。

『ニューヨーク、恋人たちの2日間』

公開中

多彩な才能を発揮するジュリー・デルピーが、監督、脚本、主演の3役を務めたラブコメディ『パリ、恋人たちの2日間』から5年。今回の舞台は人種の“るつぼ”ニューヨーク。順調におもえたカップルにトラブルつづきの2日間が訪れる!

『ローン・レンジャー』

公開中

死の世界から正義のために蘇ったヒーロー、ローン・レンジャー。復讐に燃えるインディアンの戦士トント。なにもかも正反対の“ヒーロー・デュオ”が、巨悪に立ち向かう。息つく間のない激しいアクション満載のアドベンチャーに、この夏は夢中!

『ノーコメント by ゲンスブール』

特別ロードショー中/8月3日~

歌手、シンガー・ソングライター、映画監督、俳優など多彩な顔を持つセルジュ・ゲンスブール。本人によるモノローグと、貴重なアーカイヴ映像で構成されたドキュメンタリー映画が到着。ファンはもちろん、“初ゲンスブール”の方もぜひ。

『マジック・マイク』

8月3日~

『G.Iジョー』シリーズや『親愛なるきみへ』などで知られる俳優のチャニング・テイタムは、10代後半にストリッパーをしていたという経験を持つ。ハリウッドで成功をつかんだチャニングの、“実話”をもとにしたサクセスストーリーが到着した。

『トゥ・ザ・ワンダー』

8月9日~

数々の作品賞や監督賞を受賞し、“生ける伝説”として知られるテレンス・マリック監督。そんな彼のもとにハリウッド屈指の俳優たちが集結。激しく燃えた愛が次第に熱を失い、義務感や後悔へと移ろう様を、広大な景観のなかに映し出す。

『アイス』『マイルストーンズ』

8月10日~

1999年に急逝した映像作家のロバート・クレイマー。アメリカを、世界を見つめつづけた彼の幻の傑作といわれる『アイス』と『マイルストーンズ』が、40年の時を経て日本で公開される。いまなお衝撃的な残像を与えるオリジナルを、この機会に。

『最愛の大地』

8月10日~

人道活動家として、弱い立場の人びとに手を差し伸べてきたアンジェリーナ・ジョリー。彼女が今回はじめて長編作品でメガホンを取った。「わたしでなくては描ききれないと感じた」と語る、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の知られざる真実とは?

『標的の村』

8月10日~

復帰後40年たってなお切り広げられる沖縄の傷。沖縄のひとびとは一体誰と戦っているのか。奪われた土地と海を空を引き換えに、「平和と安全」を味わうのは誰なのか。本土で“黙殺”される沖縄の声がいま問いかける。

『ワールド・ウォー Z』

8月10日~

人間を凶暴化させる未知のウィルスの謎に果敢に立ち向かう――。俳優としてはもちろん、有能なプロデューサーとしても知られるブラット・ピット。そんな彼が最新作として選んだのは、マックス・ブルックスのベストセラー小説だった。

『ニーナ~ローマの夏休み』

8月10日~

1981年生まれの女性監督エリザ・フクサス。なにかしたいけど、なにをしていいかわからない――そんな同世代の女性の複雑な心情を、映像美に乗せて描いてみせた。ポール・スミスやソニア リキエルなど、映画を彩るファッションにも注目。

『タイピスト!』

8月17日~

ポップなフレンチカルチャーと“スポ根”がミックス。1950年代のフランスを舞台に、タイプ早打ち世界大会にすべてをかけるヒロインを描いた、サクセスエンターテイメントが完成した。観客を魅了する、白熱の競技シーンは見逃せない。

『エンド・オブ・ウォッチ』

8月17日~

“天使の街”ロサンゼルス。その一角に位置するサウス・セントラルは、5分に一度事件が起きる全米一危険な地帯。そこでつねに死と隣り合わせの日常を送る、ロス警官の姿を描いた本作は、かつてない臨場感で観る者を圧倒する。

『トラブゾン狂騒曲
~小さな村の大きなゴミ騒動~』

8月17日~

ベルリン、カンヌ、ベネチアの世界三大映画祭を制覇した、若き巨匠ファティ・アキン監督。彼が“ゴミ騒動”に沸く故郷の現状を世界に訴えたいという一心で、ドキュメンタリーを制作。5年にわたって撮影を敢行した意欲作だ。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

8月23日~

世界的大ヒットを記録した前作『スター・トレック』から4年。全世界待望の最新作がついに上陸した。J.J.エイブラムス監督が目指したのは、遠い世界の絵空事ではなく、感情に訴えかける人間ドラマ。いまを生きる人類に向けたリアルなメッセージだ。

『メキシカン・スーツケース
<ロバート・キャパ>とスペイン内戦の真実』

8月24日~

2007年、失われたはずの4500枚のネガが発見された。そこには生々しく激しい戦闘の様子とともに、内戦に翻弄されながらも、必死で生きようとした市民の姿が記録されていた。伝説的写真家が捉えたスペイン内戦の真実が、いま明かされる。

『オン・ザ・ロード』

8月30日~

1950年代ビート文学の代表作「路上/オン・ザ・ロード」を、ウォルター・サレス監督が完全映画化。自由を追い求めて、アメリカ大陸を縦横無尽に駆け抜けたビート・ジェネレーションの姿が、いまスクリーン上に蘇る。

『マン・オブ・スティール』

8月30日~

すべてのヒーローの原点であるスーパーマン。どのような運命のもとに生まれた命が、どんな少年時代を送り、どうやってスーパーマンになっていったのか。誰も知らない誕生の秘密と、ヒーローの全貌がついに明かされる。

『夏の終り』

8月31日~

ふたりの男の間を揺れ動くひとりの女性を瀬戸内寂聴が描き、これまでに100万部を超えるロングセラーとなっている同名小説を映画化。三角関係が静かに燃える、夏の終わりにぴったりな大人のラブトーリーが完成した。

『ジンジャーの朝
さよなら、わたしが愛した世界』

8月31日~

美しい映像美とともに、心と心のふれあいを大胆に描き、観る者を魅了しつづけてきたイギリス人女性監督、サリー・ポッター。最新作は刻々と変わりゆく時代を生きる思春期の少女の、揺れ動く心と成長を描いた感動作だ。

『黒いスーツを着た男』

8月31日~

社長令嬢との結婚を10日後に控えたアルは、パーティ帰りの深夜の路上で男をひいてしまう。友人らに促されて逃走するが、その一部始終をひとりの女がアパートの窓から目撃していた。将来を約束されたアルの運命は、この日を境に少しずつ狂いはじめる。

『サイド・エフェクト』

9月6日~

世界の注目を集めてきた異才・スティーヴン・ソダーバーグ。本作を最後に映画界を引退し、今後はテレビに専念すると公言している。そんな彼が最後に生み出した作品は、うら若き美女が起こした異様な殺人事件をめぐる、ヒッチコック調の心理サスペンスだった。

『わたしはロランス』

9月7日~

弱冠24歳ながらすでにカンヌ国際映画祭の常連という、カナダが生んだ新鋭監督グザヴィエ・ドラン。“女性になりたい男”ロランスと、その恋人フレッドが歩む長く切ない日々を描いた、ドランらしい異色なラブストーリーが到着した。ロランスとフレッドに待ち受ける運命とは?

『私が愛した大統領』

9月13日~

ニューディール政策や、第二次世界大戦中の強いリーダーシップなどで知られる、ルーズベルト大統領。そんな彼の偉業の裏側には、秘められた恋のエピソードがあった。誰よりも信頼し、心を許した女性デイジー。ふたりの穏やかな関係を、大人のラブストーリー仕立てで送る。