Levi’s® Made & Crafted™|#02 写真家 マーチン・ザッド

Levi's® Made & Crafted™|#02 写真家 マーチン・ザッド

ART TOKYO Tips

Levi's® Made & Crafted™|リーバイス® メイド アンド クラフテッド™

ブランドのテーマを具現するアート:6月

#02 マーチン・ザッド

植物とデニムの関係とは?

リーバイスの歴史的プロダクトにインスパイアされ、現代の素材と縫製技術を取り入れたラインが、リーバイス® メイド アンド クラフテッド™だ。モダンかつ温かみを備えた服が魅力だが、ファッションだけではなく、アート、音楽といったポップカルチャーを通じた取り組みでも話題を集めている。そのひとつが、ブランドのシーズンテーマを毎月新しいアーティストの作品によって表現する、本シリーズだ。

※リーバイス® メイド アンド クラフテッド™では、さまざまなアメリカ人写真家を起用して、ブランドのシーズンアイテムを撮影している。一年間にわたって毎月1人の写真家を指名し、それぞれのスタイルで解釈・表現したクリエイティブを公開中だ。本プロジェクトの作品はリーバイス® メイド アンド クラフテッド™(http://levismadeandcrafted.tumblr.com/)のブログ、リーバイス®のSNS、オンラインマガジンなどにも掲載される。

Text by Kase Tomoshige(OPENERS)

繊細な植物と丈夫な服、その対比

薄靄がかかった画面のなかに、鮮やかで繊細な植物と、リーバイス® メイド アンド クラフテッド™(以下、LMC)の服を着たモデルを配置した写真の連作──ニューヨークを拠点として活躍するフォトグラファー、マーチン・ザッドの作品である。

「ブランドのルーツに敬意を払いつつ、LMCのデニムを新しい状況や背景に照らし合わせて表現したかったのです」と語るザッド。

リーバイスはもともと、多くの庭師や農家の作業着として愛用されてきた来歴がある。ワークウェアを着て、植物の世話をする。その状況を現代に置き換えて表現した、と解釈していいだろう。

「ガーデニングや植物のアイデアは、現代の人々が活動する環境への関心から生まれました。繊細な形と鮮やかな色が、丈夫な服の性質と、対照的に表現されていますと思います」

作品はLMCのブログ(http://levismadeandcrafted.tumblr.com/)に投稿される。ぜひ毎月チェックしていただきたい。

マーチン・ザッド|Martin Zad
ビジュアルアートの修士号を取得した、ニューヨークを活動拠点とするフォトグラファー。イメージの段階から現実的なシーンを創造しつつ、緊張と不透明さを残した独特の作風が話題を呼んでいる。デザインチームのgg-IIとコラボレートしたこの作品は、gg-IIのプロジェクト“This Way Up”のテーマに基づいたもの。

リーバイス® メイド アンド クラフテッド™
http://levismadeandcrafted.com/