MOVIE|出版50周年を迎える瀬戸内寂聴の代表作を映画化『夏の終り』

MOVIE|出版50周年を迎える瀬戸内寂聴の代表作を映画化『夏の終り』

LOUNGE MOVIE

MOVIE|出版50周年を迎える瀬戸内寂聴の代表作

ふたりの男の間を揺れ動く女性を描く『夏の終り』(1)

瀬戸内寂聴が自身の体験をもとに小説にし、出版から50周年という節目の年を迎えたベストセラー『夏の終り』を、熊切和嘉監督が映画化。8月31日(土)からロードショーされる。

Text by YANAKA Tomomi

静寂のなかに、あふれ出る登場人物たちの情熱を描き出す

ふたりの男の間を揺れ動くひとりの女性を瀬戸内寂聴が描き、これまでに100万部を超えるロングセラーとなっている『夏の終り』。男女の三角関係が静かに燃える、“夏の終わり”にぴったりな大人のラブトーリーが誕生した。

主人公、知子を演じるのは満島ひかり。妻子ある不遇な作家との、長年に及ぶ愛の生活に疲れ果てるも、年下の男との激しい愛欲にも満たされない。そんな自身の女の業に苦悩する難役を演じきった。

MOVIE|『夏の終り』 02
MOVIE|『夏の終り』 03

知子を愛し、優しく見守りながらも、妻とも別れられないという、寛容さとずるさをあわせもつ年上の男、慎吾に小林薫。大人の熟練した演技を見せる。そして、知子を激しく求め、嫉妬と孤独に苦しむ年下の男、涼太は綾野剛が演じた。

監督は『鬼畜大宴会』で鮮烈なデビューを飾り、近年は『海炭市叙景』で高い評価を得た熊切和嘉監督。重厚で静寂な世界観のなかに、登場人物たちのあふれ出る情熱を描き出した。