2代目フライングスパーを北京でテスト|Bentley

2代目フライングスパーを北京でテスト|Bentley

CAR

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパー

2代目 フライングスパー を北京でテスト

ジュネーブモーターショー初公開され、先日日本でもお披露目されたばかりのベントレーの4ドアサルーン、新型「フライングスパー」。九島辰也氏が北京で試乗した。

Text by KUSHIMA Tatsuya

いいものは売れる

アベノミクス効果で日経平均1万5,000円を超えそうな日本経済だが、ベントレーの販売状況を知ると「それがどうしたの?」ともいいたくなる。

昨年日本での販売台数は190台で、前年比でいうと73パーセントジャンプアップという結果を導いた。母数が少ないので強くはいえないが、この国はどこの誰が主導者になっても、いいものは売れるという下地ができている気がする。

“いいもの”かどうかは、グローバルマーケットの動向でもわかる。2012年のベントレー世界販売台数は8,510台で、前年比22パーセントアップとなった。つまり、各地で経済不安が叫ばれようとも、このクルマは現実に売れているのだ。

世界最大のマーケットはアメリカで2,457台を売った。次は中国で2,253台を記録する。その他では前年比44パーセントアップと、中東が気を吐く。……と、ここであることに気づく、世界第一位と第二位が肉薄しているではないか。

そんなことが関係してか、新型フライングスパーの国際試乗会はなんと北京でおこなわれた。

国際免許証が役に立たないばかりか、テンポラリーでも現地の免許証が必要という、かなり手続きが通常とことなる上での開催だ。

しかも、市内中心地は東京やロンドンを超える渋滞。そこでどれだけ新型を試せるか、少々疑心暗鬼なイベントとなる。

Bentley Continental Flying Spur|ベントレー コンチネンタル フライングスパー

ただ、そこはベントレー。抜かりなくスムーズにプログラムはスタートした。各国のジャーナリストはみな現地で無事に免許証を手に入れ試乗することができた。過酷な渋滞や路面の劣悪な状態も、走り出せばどこの国もおなじ? と思い込めば、なんとかなるもんだ。