ジャガーFタイプに試乗|Jaguar

CAR IMPRESSION

Jaguar F-Type|ジャガー Fタイプ

Fタイプに試乗

ジャガー生粋のスポーツカー「Eタイプ」の血を引く「Fタイプ」の登場は、レースで名を馳せたジャガーのブランドイメージを、再び、そして一気にスポーツに引き戻す使命を帯びる。果たしてFタイプは本当にそれだけの「スポーツカーとしてのマインド」をもちあわせているのだろうか? 河村康彦氏が、Fタイプを試す。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

あたらしいジャガーのスポーツカー

スラリと長く伸びたノーズに、後輪の直前位置にレイアウトされた2つのシート──そんな、いかにもFRスポーツカーの典型らしいプロポーションでついに姿を現した量販型 Fタイプは、「前回のフランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトクーペ「C-X16」を“オープン化”したら、きっとこんな姿になるだろうな……」とそんな予想をしたとおりの、なんとも魅惑的なアピアランスの持ち主だった。

まるで鏡面のような映り込みでみずからの陰影を強調し、えもいわれぬ迫力をアピールするブラックメタリックも魅力的だが、“ファイアサンドメタリック”を謳う、目のさめるようなオレンジ色に彩られたモデルも大いに新鮮。

その他、国際試乗会の場にズラリと揃えられたどの色のFタイプも、そのいかにも躍動感に溢れたそのルックスが気持ちを昂らせる。

1.9m超の全幅に大きなドアという組みあわせが、日本のタイトな空間下での実用性に一抹の不安をもたらすのは事実だが、そんな“幅方向のゆとり”がなんともグラマラスで、立体感に富んだ「あたらしいジャガーのスポーツカーらしい佇まい」を演じる、大きな原動力となっている事もまた否定できない。

そんなエクステリアに負けるなとばかり、一切手を抜く事なく細部まで入念につくり込まれたインテリアのデザインもまた、Fタイプを“静的”にチェックするうえでの大いなる見所だ。