特集|BLUE NOTE NOW!|第1章「ブルーノートが30分でわかるQ&A」

特集|BLUE NOTE NOW!|第1章「ブルーノートが30分でわかるQ&A」

特集|老舗ジャズレーベル「ブルーノート」のすべて

特集|BLUE NOTE NOW!

創立75周年を控えた老舗レーベル「ブルーノート」の魅力に迫る

第1章|“ミスター・ブルーノート”に訊け!

「ブルーノートが30分でわかるQ&A」(1)

1939年、ニューヨークで誕生したジャズレーベル「ブルーノート」。来年75周年を迎えるこの老舗レーベルが、いまあらたに注目を浴びている。ノラ・ジョーンズやロバート・グラスパー、ホセ・ジェイムズなど、これからのジャズを担う若手ミュージシャンが、次々に登場してきているのだ。衰退していくレーベルも多いなか、なにがブルーノートを特別な存在にしているのか? その答えを探るべく、OPENERSでは今回、日本にジャズを浸透させた立役者、“Mr. Blue Note”こと行方均(なめかた・ひとし)さんに協力を依頼。若さと伝統が息づくレーベルの魅力に迫ろうとおもう。

まずは行方さんに10個の質問をぶつけてみた。読めばブルーノートのすべてがわかる!?

Photographs (portrait) by JAMANDFIXInterview & Text by TANAKA Junko (OPENERS)

1. ブルーノートはなぜ生まれた?

ブルーノートを設立したのは、アルフレッド・ライオンというドイツ人の青年でした。1939年1月、ニューヨークでのことです。とにかくジャズが大好きな人でね。当時のヨーロッパ、特に彼が住んでいたベルリンでは、なかなかジャズのレコードが手に入らなかった。そこでジャズをより深く知るために、よくアメリカへ出向いていたのですが、最後はナチスの台頭する故国を棄てて移住を決意したというわけなんです。

彼はレコード会社を作るというよりは、レコードを作りたかった。それを何度も繰り返しているうちに、気がつけばブルーノートになっていた、ということだとおもいます。

2. レーベル名の由来は?

黒人音楽にあって、従来のヨーロッパ的な音楽にないもの。それは「ブルース」なんですね。ブルース・コードとか、ブルース・ノートとか、いろいろ表現はあるけれど、黒人的なブルースの音階や特徴があるんです。アルフレッドがジャズを気に入った理由も、根底にあるのはブルースです。ブルーノートとして最初に録音したのもブギウギ()なんですよ。

黒人音楽のブルース感覚みたいなものに惹かれていたので、それを前面に打ち出したレーベルをはじめました。最初は「ブルースノート」、つまりブルースの音っていう意味の名前にしようって話だったんですけど、最終的には「聞こえがいいから」という理由で「ブルーノート」に落ち着いたんです。

※ブギウギ=1920年代にアメリカの黒人ピアニストによって創始された、ピアノによるブルースの演奏形式のひとつ。1小節8拍のリズムのうえに自由な旋律で演奏される。(出典:小学館「大辞泉」)

特集|老舗ジャズレーベル「ブルーノート」のすべて|「ブルーノートが30分でわかるQ&A」 02
特集|老舗ジャズレーベル「ブルーノート」のすべて|「ブルーノートが30分でわかるQ&A」 03

3. アルフレッド・ライオンについて、もっと詳しく!

ひとつ言えることは、自分の聴きたい音楽がなにかをわかっていて、そのことに非常に貪欲な人だったということですね。「ブルーノートは、アルフレッドの“ワンマン”レーベルだから、好きなものだけを録音した」って言われることが多いんだけど、好きなものを録音したというよりは、自分が好きなジャズをスタジオで作り上げていった。彼はそういう人だとおもいます。

たとえば、あるグループのライブの評判がいいから、それを録音するという方法もありますよね。どちらかと言えばそれが普通です。だけどブルーノートの“大名盤”と呼ばれるレコードは、スタジオの外では実在しなかったグループやバンドのものが非常に多いんです。レコードを作るために集められて、スタジオで音楽を作り上げたら「じゃあね」っていう(笑)。

それと同時にあたらしいものにもオープンでね。亡くなる直前にお気に入りだったのは、マイケル・ジャクソンだったそうですよ。やっぱりダンサブルな音楽が好きだったんですね。レコーディングがうまくいくと、スタジオで踊ったりして(笑)。

4. どんな人たちがレーベルを引き継いだ?

体調に不安を覚えたアルフレッドが、一線から退いたのは1967年。ベルリン時代の仲間であるフランク・ウルフがあとを継ぎました。ふたり合わせると、ライオンとウルフ(=オオカミ)のコンビってことになるんですけど(笑)。数年後にフランクが亡くなってからは、ブルーノートというレーベル名に、宿命のように導かれた人たちが引き継いできました。

大元にはアルフレッドが作り上げた、ブルーノート的なメカニズムが確固としてありますから、それをどうやってそれぞれの時代に落とし込んでいくかだとおもうんです。彼の亡くなったあとは、そのメカニズムをきちんと理解している人、あるいはそれに思い入れのある人が、その時代のその音を表現してきたというのが、答えとしては一番近いのかもしれない。