STRASBURGO|「アーバン トラベラーズ」のための“上質アイテム”

STRASBURGO|「アーバン トラベラーズ」のための“上質アイテム”

FASHION FEATURES

STRASBURGO|ストラスブルゴ

旗艦店の誕生とともにストラスブルゴが伝える新コンセプト

「アーバン トラベラーズ」のための“上質アイテム”

ファッションの楽しみと“上質”を教えてくれるセレクトショップ、ストラスブルゴがニュースだ。4月25日(木)に大規模なリニューアルを果たした東京ミッドタウン内に、メンズ・レディースを共に扱うフラッグシップショップを出店。このオープンを皮切りに、“アーバン トラベラーズ”というコンセプトを掲げ、ロゴデザインも一新した。大人たちのファッションをよりエキサイティングにしてくれる、ストラスブルゴの新たな提案にフォーカスしてみよう。

Still Photographs by JAMANDFIXReception Photographs by HIYAMA Masaki(Office HIYAMA)
Text by MONZEN Naoko

東京ミッドタウン店オープンを記念したスペシャルアイテムも登場

新たなコンセプトである“アーバン トラベラーズ”が指すのは、まさに“今”を体現したカスタマー像。東京にいながら、各国から来日中のビジネスパートナーや友人とワインや食事を楽しみ、ガジェットを駆使して世界のあらゆる情報を瞬時に手に入れ、SNSで国内外の人々とつながる。人はもちろん、モノやコトについても日々がさまざまな出会いに満ちていて、生活そのものが“トラベル”。そんな人々のライフスタイルにフィットするアイテムと空間を展開するのが、“アーバン トラベラーズ”をコンセプトに掲げるフラッグシップショップだ。

店舗を構える東京ミッドタウンは、世界各国からのエグゼクティブが集う「リッツ・カールトン東京」や中長期滞在型のプレミアムレジデンスを擁しており、文字通り多くの“トラベラー”が施設内を闊歩している。トラベラーのファッションにマストな軽量や機能性といった要素を満たしながら、ストラスブルゴが提案し続けてきたクオリティやファッション性を併せもつアイテムこそが、新コンセプトのもと展開するラインナップである。

STRASBURGO|ストラスブルゴ 03
STRASBURGO|ストラスブルゴ 04

たとえば、オープンを記念して展開するアイテムにもその提案が活きている。メンズなら、タフで機能性が高いアルカンタラ素材を使用したラルディーニのジャケットや、大人のオフスタイルにぴったりなエドワード・グリーンのカーフスエードのローファー。ウィメンズなら、どんなオケージョンにも対応する白シャツをストラスブルゴらしくアレンジした本真珠ボタン付きのシャツや、しわになりにくいシルクのワンピース。リアル/バーチャルを問わず、世界を軽やかに横断する“アーバン トラベラーズ”のためのアイテムたちだ。

STRASBURGO|ストラスブルゴ 05
STRASBURGO|ストラスブルゴ 06

商品のみならず、旗艦店でぜひ味わってほしいのがストラスブルゴの世界観とトップクリエイターの感性が融合したストアデザイン。内観を担当したのは、フォーシーズンズホテルやアマンリゾートを手がける建築家、ジョン・ヒア。照明はMoMAをはじめとする各国のミュージアムなどを手がけるジョージ・セクストンが担当。モダンで洗練されていながら、どこか肩の力が抜けた印象のある店内は、リラックスしてショッピングを満喫できる雰囲気で満ちている。

また、多ジャンルで活躍するクリエイティブ・ディレクター、タイラー・ブリュレを起用した新ロゴデザインにも注目を。伝統とモダンを兼ね備え、普遍的な魅力とインターナショナル感を表したロゴ。これまで提案してきたクオリティやデザイン性の高さに加え、“アーバン トラベラーズ”たちが求める機能性や軽やかさをプラスするという、ストラスブルゴの新しいコンセプトが凝縮されたデザインだ。

STRASBURGO|ストラスブルゴ 09
STRASBURGO|ストラスブルゴ 10