BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4

BMWの最新ロードスター Z4に試乗(2)

3リッター直6を搭載したM40iに試乗

新型のボディサイズは全長4,335×全幅1,865×全高1,305mm。車重は1,570kg。先代モデルに比べて85mm長く、75mm広く、15mm高くなったボディに対し、25mm短いホイールベース(2,470mm)、前100mm、後75mm広いトレッドという構成とし、メタルから軽量なソフトルーフトップに変更することで、高い俊敏性や操作性を追求した。

エクステリアデザインは、長いボンネットフードの後端に2座のシートを配した古典的なスポーツカースタイルをキープ。フロントのボディサイドに沿うように配されたヘッドライトのお陰で、伝統のキドニーグリルはよりワイドなスタイルとなり、その内部はメッシュスタイルの新たなデザインが採用されている。フロントホイール後端のエアブリーザーから始まるプレスラインは上向きに流れ、ロードスターらしいダイナミックなサイドビューだ。

試乗したのは、現状ではトップモデルとなる直6搭載の「Z4 M40i」。心臓部のB58B30C型3リッター直列6気筒ツインパワー ターボエンジンは、最高出力340ps(250kW)/5,000rpm、最大トルク500Nm/1,600-4,500rpmを発生。8段ATが組み合わされ、0-100km/h加速を4.6秒でこなすと公表されている。その走行性能を示す値として、スポーツモデルのBMW「M2 コンペティション」が7分52秒でラップした独ニュルブルクリンク サーキットを、新型Z4は7分55秒でクリアしたという。