メルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表|Mercedes-Benz

メルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes EQ|メルセデス EQ

メルセデス、電動化を中心とした新ブランド「EQ」を発表

メルセデス・ベンツ日本はメルセデスの新しいブランド、EQの品での展開について発表。同時に、モビリティとリビングの未来の形を具現化した体験施設、“EQ House”を東京六本木に3月13日から約2年間の期間限定でオープンした。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

電動化に伴う新技術等を包括するEQ

「EQ」とは、ダイムラー社が2016年9月にパリモーターショーにおいて発表した、中長期戦略“CASE”の“E”を推進するためのブランドである。CASEとはすなわちC=コネクテッド、A=オートノマス(自動運転)、S=シェア アンド サービス、E=エレクトリック・電動化の4つの頭文字から取られたものだ。

現在“E”の電動化の分野では、プラグインハイブリッドのEQパワー、完全な電気自動車EQ、燃料電池車のF-CELLと、F1マシンに採用しているEQ Power Plusを展開。またジュネーブモーターショーで発表した電気自動車のフォーミュラーカーによるレース、フォーミュラEに参戦するマシンもEQブランドと位置づけられる。

Mercedes-Benz EQC

ダイムラーのパワートレイン開発は、高効率のガソリンエンジン、クリーンディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド、燃料電池、電気自動車とユーザーのニーズや使用用途に応じ、全方位かつ多岐に渡るという。しかし、「中長期戦略に掲げているように今後は電動化が加速していく流れです」と、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は語る。

新しいブランドEQは、“エレクトリック インテリジェンス”を意味し、電気自動車そのものだけではなく、電動化に伴う新技術やインフラ、関連するサービスすべてを包括するブランドとなる。

そして、ダイムラー社では2022年までに電気自動車を10モデル以上発表すると宣言。今回はEQブランド初の量産電気自動車「EQC」を日本で初めて新施設「EQ House」内に展示した。