ジュリエッタに新グレード「スポルティーバ」誕生|Alfa Romeo

ジュリエッタに新グレード「スポルティーバ」誕生|Alfa Romeo

CAR NEWS

Alfa Romeo Giulietta Sportiva|アルファ ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ

ジュリエッタに新グレード「スポルティーバ」誕生

フィアット クライスラー ジャパンは、アルファロメオブランドで展開するCセグメントのハッチバック「ジュリエッタ」に新グレード「スポルティーバ」を追加、販売を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

キラリと光る四つ葉のクローバー

イタリアのコンパクトスポーツモデル「ジュリエッタ」。2010年に発表され、日本では2012年2月にデビューした、3代目となる現行モデルは、直感的なパフォーマンスやアルファロメオならではのデザインが人気のモデルだ。

そしてあらたに、主力グレードで1.4リッター マルチエア ターボエンジンと、6段乾式デュアルクラッチオートマチックを組みあわせた「コンペティツィオーネ」に、装備を充実させた新グレード「スポルティーバ」を設定。最上位の1.75リッター直噴ターボエンジンに、6段マニュアルトランスミッションを組みあわせた最上位グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」と、「コンペティツィオーネ」のあいだに位置するモデルになる。

全長4,350×全幅1,800×全高1,460mmのボディに、エンジンは「コンペティツィオーネ」と同じく、最高出力125kW(170ps)/5,500rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/2,500rpmを発揮する1.4リッターのターボマルチエアエンジンを搭載。

エクステリアは、アルファ ロメオのシンボルであり、これまでには「クアドリフォリオ ヴェルデ」にしか施されるのが許されなかった四葉のクローバーがアルミキックプレートに描かれ、サイドフェンダーには「スポルティーバ」専用のエンブレムが光る。また、足元にも「スポルティーバ」専用の18インチアロイホイールが装着された。インテリアでは、やはり「クアドリフォリオ ヴェルデ」と同じレザーシートが標準装備されている。

ボディカラーは「アルファ レッド」ほか、ホワイトやブラックなど、5色を展開。価格は368万円となっている。

spec

Alfa Romeo Giulietta Sportiva│アルファ ロメオ ジュリエッタ スポルティーバ
ボディサイズ|全長4,350×全幅1,800×全高1,460mm
ホイールベース|2,635 mm
トレッド|1,555 mm
重量|1,400 kg
エンジン|1,368cc 直列4気筒 DOHC マルチエアターボ
圧縮比|9.8 : 1
ボア×ストローク|72.0×84.0 mm
最高出力| 125kW(170ps)/ 5,500 rpm
最大トルク|250Nm(25.5kgm)/ 2,500 rpm
トランスミッション|6段デュアルクラッチオートマチック
駆動方式|FF
サスペンション 前|マクファーソンストラット スタビライザー付
サスペンション 後|マルチリンク スタビライザー付
タイヤ |225/40R18
ブレーキ |ベンチレーテッドディスク
CO2排出量|149 g/km
燃料タンク容量|60 ℓ
価格|368万円

car_brand_top

exclusive_auto_collection
openers_car_top