日本人による日本のクルマ トヨタ クラウンに試乗|Toyota

日本人による日本のクルマ トヨタ クラウンに試乗|Toyota

CAR IMPRESSIONS

Toyota Crown|トヨタ クラウン

日本がつくった日本のクルマ

クラウンに試乗

「いまこの国にたりないものは変わる力だ」として変化を前面に押し出す、あらたなるクラウン。このクルマには、輸入車にはない、日本車ならではの世界観がある。かつて、日本のモータリゼーションに、重大な変化をもたらしたクラウン。その最新モデルを日本車の代表として、OPENERSはクラウンに注目する。

Text by OGAWA Fumio
Photographs by ARAKAWA Masayuki

ハイブリッド大好評

トヨタの新型「クラウン」の、もっとも売れ線がハイブリッド。昨今は欧州製高級車にも多くみられるようになったハイブリッドだが、いちはやくハイブリッドに取り組んできたトヨタ自動車の看板車種、軽やかな走りが印象に残るものだった。

そもそも、新型クラウンは販売好調。トヨタの発表によると、2012年12月25日の発売から、13年1月29日までの受注台数は25,000台。月販目標4,000台の6倍強にあたる。その中核をなすハイブリッドモデルで、クラウン全モデル中、約66パーセントを占めるそうだ。

大型セダンは、ドイツ車が得意とする分野だが、開発担当者は「日本においては、サイズといい、ハンドリングといい、クラウンがもっとも扱いやすいクルマであることを理解してほしい」と語る。

その言葉どおり、必要以上に大きくない全幅といい、切れ角の大きなハンドルといい、想像以上にコンパクトな操縦感覚だ。ここは依然として、輸入車にたいするアドバンテージだ。

Toyota Crowb Hybrid Athlete G|トヨタ クラウン ハイブリッド アスリート G

もうひとつの大きな魅力は価格。新型「クラウン ハイブリッド」は410万円からという値づけとなっている。

輸入車でみると、メルセデスなら「Cクラス」ではもっともベーシックグレードの「C 180 BlueEFFICIENCY」(399万円)と匹敵、BMWだと「3シリーズ」のベーシックグレードの「320i」の6MTモデル(439万円)より低い。くわえて市街地ではとくに好燃費なのだから、クラウンが売れ、そしてハイブリッドがその約7割を占める昨今の状況も、理解できる気がする。