アウディ 2013|Audi

CAR FEATURES

Audi|アウディ

アウディ 2013

ランボルギーニ、イタルデザイン ジウジアーロ、ドゥカティという、3つのイタリアンブランドを傘下におさめたのにくわえて、アウディブランド自体も好調なアウディグループ。さらなる成長と、環境負荷の大幅な低減にむけた具体的なヴィジョンがしめされた今年の年次記者会見を、小川フミオ氏がリポート

Text by OGAWA Fumio

アウディは好調だ

世界中で22秒に1台の割合でアウディが売れているという。とくに、中国や北米で販売は絶好調。アウディAGは、さる2013年3月12日に、ドイツ インゴルシュタットにおいて開催した記者会見で、明るい現状と未来への展望を語った。

今年のアウディの記者会見の会場は、ミュンヘンからクルマで45分ほど走ったインゴルシュタットにある本社。大きなホールにしつらえられた壇上には、ルーパート・シュタートラー取締役会会長をはじめとする、役員がずらりと並んだ。

アウディにおける2012年の売上げは、145万台。経済状況が不透明な時代にあっても前年より15万台増と、アウディは好調である。2015年の目標として以前より掲げられていた年販150万台も、2013年には達成できるかもしれないうえ、「200万台が次の目標」とするシュタートラー会長の言葉も、現実味すら帯びてきた。

アウディでは、年次株主総会開催に合わせて、世界各地からジャーナリストらを招待する。そこでは、活発な質疑応答をまじえて、近未来のアウディの活動も披露される。ゆえに貴重な場だといえる。

スマートフォン操作のA7も

今回は、シュタートラー会長がスマートフォンを操作すると、完全自動操縦システムを組み込んだ無人の「A7」が舞台の袖から登場して同会長の操作に従って走行する様子に、会場のいたるところから感心する声があがった。

また、既存の施設を利用しながらメタンガスを燃料に使う「A3 g-tron」の詳細など、さらなる環境適合技術のお披露目も大きな注目を浴びた。

Audi Annual Press Conference 2013|アウディ アンニュアル プレス コンフェランス 2013