アヴェンタドール ロードスターに試乗|Lamborghini

アヴェンタドール ロードスターに試乗|Lamborghini

CAR

Lamborghini Aventador LP 700-4 Roadster|
ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4 ロードスター

アヴェンタドール ロードスターに試乗

ランボルギーニ伝統のミッドシップオープンスーパーカー。その最新モデル「アヴェンタドール ロードスター」が、ランボルギーニ創業50周年という記念すべき年の幕開けを告げる。

Text by NISHIKAWA Ju

猛牛ミッドシップ オープンの系譜

なんと豪勢なアペリティーボ(食前酒)だろうか。

ランボルギーニのフラッグシップ「アヴェンタドール LP700-4」のロードスターバージョン、ついに発進……

創立50周年の祝祭を前に、ファイティングブルが自ら放った祝砲の第一弾、というわけである。マイアミ ホームステッドレースウェイを起点に開催されたインターナショナルダイナミックローンチ(国際試乗会)に参加した。

ランボルギーニの12気筒ミドシップロードスターの歴史は、たった一台のみつくられたショーカー「ミウラ ロードスター」にまで遡ることができる。

Lamborghini Aventador Roadster|ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター

アヴェンタドール ロードスター

Lamborghini Miura Roadster|ランボルギーニ ミウラ ロードスター

ミウラ ロードスター (1968年)

ファンのあいだではよく知られているように、「アヴェンタドール ロードスター」のイメージカラー、アズッロ・テティス(ライトブルーメタリック)は、そのミウラ ロードスターのボディカラーがモチーフになった、と公式には説明されている。

もっとも、マニアに言わせると、ミウラ ロードスターにまでその歴史を遡ろうというのは、少々ムリがあるというもの。

ここは素直に、「ディアブロ ロードスター」をその初代に仰ぎ、「ムルシエラゴ ロードスター」から新型アヴェンタドール ロードスターへとつらなる3世代を、市販の猛牛ミドシップオープンの系譜としたい。