キャデラックATSに試乗|Cadillac

キャデラックATSに試乗|Cadillac

CAR IMPRESSIONS

Cadillac ATS|キャデラック ATS

真のコンパクトキャデラック

キャデラック ATSに試乗

キャデラックがエントリー ラグジュアリー スポーツセダンと位置づける「ATS」は、メルセデス・ベンツ「Cクラス」、BMW「3シリーズ」、アウディ「A4」といったドイツプレミアムブランドの中核車種が競う、Dセグメントに真っ向から切り込む、キャデラック渾身の1台だ。日本での発売も、いよいよ迫った、この「ATS」に、ひと足早く櫻井健一氏が試乗した。

Text by SAKURAI Kenichi
Photographs by NAITO Takahito

ライバルはメルセデス・ベンツ CクラスやBMW 3シリーズ

遡ること今からちょうど1年前となる2012年1月、デトロイトモーターショーワールドプレミアを飾り、もっとも小さいキャデラックとして北米の話題を独占した「ATS」が、いよいよ日本でも販売を開始する。

過去キャデラックには、主に欧州向けとしてとしてDセグメント、いわゆるメルセデス・ベンツの「Cクラス」や、BMW「3シリーズ」のカテゴリーに属する、FFのキャデラック「BLS」が存在していたものの、それはいわゆるバッジエンジニアリングで、キャデラックの純血モデルとは言いがたかった。

グローバル企業らしくかつてGM傘下にあったサーブ「9-3」、もっといえばオペル「ベクトラ」を祖に持つ「BLS」は、東京モーターショーにも参考出品されていたのでご記憶の方もいらっしゃるかも知れないが、それとはことなり、「ATS」は白紙から開発されたキャデラックのDNAを100パーセント受け継いだ“真のキャデラック”だ。

そう、コンセプトがまったくことなっている。

ゼロから開発されたFRシャシーを持つDセグメントモデルというあたりで、その本気度が理解できるというものだ。

キャデラック自身は「デザイン」、「パフォーマンス」、そして「テクノロジー」の3つにフォーカスした、まったくあたらしいキャデラックのエントリー ラグアリー スポーツセダン、と「ATS」を紹介するが、その触れ込みに偽りはない。