ART|福島第一原発から30キロ圏内の複数箇所で撮影した作品|今井智己「Semicircle Law」

ART|福島第一原発から30キロ圏内の複数箇所で撮影した作品|今井智己「Semicircle Law」

LOUNGE ART

ART|福島第一原発30キロ圏内で撮影
今井智己・写真展「Semicircle Law」

「方法論として許容できるのではないか」

代表作である『真昼』(2001年/青幻舎)や『光と重力』(09年/リトルモア)などに見られるような、街路や森、部屋といった日常的な風景を写してきた写真家、今井智己。1月26日(土)から2月16日(土)まで、東京・六本木のタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、写真展「Semicircle Law」が開催された。福島第一原子力発電所から30キロ圏内で、約20カ月にわたり撮影した作品15点を発表した。

Interview photographs by JAMANDFIXText by Kase Tomoshige(OPENERS)

見えないが何かある

東日本大震災、福島第一原子力発電所の事故から2年が経とうとしている。写真家・今井智己は、2011年4月21日から2012年末まで、20カ月にわたって、原発30キロ圏内から原発の撮影を続けた。建屋が映っている写真がある。しかし、樹木だけが、森だけが、山並みだけが写っている写真もある。霧で画面のほとんどが白い写真もある。今井が撮っていたのは確かに福島第一原発であるが、正確にいえば「さまざまな地点から原発の方向にフレームの中心を据えて」撮影したのである。

今井智己「Semicircle Law」 02
今井智己「Semicircle Law」 03

「事故のあと、最初は自分は(現場に)行かないだろうと思っていました。自分が撮るのは震災の被害や過酷な状況ではない、というのもなんとなく感じていましたし」と今井は言う。しかし今井は車を飛ばして、一人で福島に向かい、山に分け入った。つまり写真家として原発の撮影に行ったわけだが、独自の方法で対象と向き合うことになる。先述したように、建屋が見えない地点からでも、原発の方向にフレームをとり、シャッターを切ったのである。

通常の撮影、つまり被写体に向き合ってシャッターを切るという原則を大きく逸脱している。写真家としてこの違いをどう捉えたのだろうか。「表現が適切かどうかはわかりませんが、撮影を重ねるうちに次第に面白くなってきました。山の頂上に立ってコンパスで自分の位置を確認し、見えない原発の方向にシャッターを切る。この、選べない状態で撮るということが、方法としてありなのではないか、という感じがしました。この頃からフィルムを現像することに手応えを感じてきました」

今井智己「Semicircle Law」 04
今井智己「Semicircle Law」 05
今井智己「Semicircle Law」 06
今井智己「Semicircle Law」 07

いつ頃撮ったものであるとか、浜通りは海に近いので水蒸気と雲が発生しやすいとか、今井は展示された写真について話してくれる。薄曇りの灰色の空も、雪を冠した樹木も、豊かな新緑も、いずれも静けさを湛えていながら、ひとつひとつに意図を感じる作品であった。原発の方向を向き続けて撮影したという事実を知らなくとも、見たものに「何かある」と思わせる写真であった。

「ただし、これは写真として非常に危ういなあ、と思う点はあります」と今井。「対象が写っていないという時点で、やはり言葉が、説明が必要になってくると思うんです。もちろん建屋が写っているものもあるんですが、ほとんどは山にさえぎられていて見えない。見えないものを撮ろうとしている。撮影の方法として許されるかどうか難しいところです。写真として成立するのか疑いながらの制作でしたが、20カ月の間に、『(方法論として)これは面白い』と、心境が変化したように思います」