オートマチックのジョン・クーパー ワークスでサーキットを走る|MINI

オートマチックのジョン・クーパー ワークスでサーキットを走る|MINI

CAR IMPRESSIONS

MINI John Cooper Works|ミニ ジョン・クーパー ワークス

ATモデルが追加された

ミニ ジョン・クーパー ワークスをサーキットでイッキ乗り

MINIには、ONE、COOPER、COOPER Sにくわえて、サーキット走行も充分想定して徹底的にチューニングを施したジョン・クーパー ワークスというグレードが存在することは、すでにOPENERS読者には説明するまでもないだろうか。そのジョン・クーパー ワークスにオートマチックモデルが追加され、ぞくぞくと日本に導入されている。今回は、袖ヶ浦フォレストレースウェイを舞台に開かれた、このジョン・クーパーワークス ATモデルの試乗会に参加した大谷達也氏のリポート。また、路上最速のミニ、「ジョン・クーパー ワークス GP」を試す機会も得た。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by ARAKAWA Masayuki

ジョン・クーパー ワークスにATなんて必要なの?

「ミニ・ジョン・クーパー ワークスにあらたに追加された6ATモデルでサーキットを走ってきた」

我ながら、なんとも“座り”の悪い文章だとおもう。だいたい、ミニのジョン・クーパー ワークス(以下、JCWと略す)なんて、よっぽどの好き者じゃなきゃ買わないでしょ?  それに、1.6リッターターボエンジンをカリカリにチューンして211psを絞り出すのはいいにしても、値段のスタート地点が390万円というのはいくらなんでも高すぎる。なにしろ、ほとんどおなじ金額でBMWブランドの「120i M Sport」なんて魅力的なモデルが手に入るのだから。

とはいえ、確かにミニはオシャレなコンパクトカーだから、1シリーズというやや手堅い選択肢よりもウケがいいのはわからなくもない。弾けるような速さが自慢の1.6リッターターボエンジン、そして“ネズミ花火”のようにすばしっこいJCWのハンドリングに惹かれてしまうのもなんとなく理解できる。

でも、そこまで“攻め”のチョイスをしておきながら、ギアボックスが6ATはないでしょ? と、これまで自分のために買ったクルマはすべてMTだった私はおもわず突っ込みを入れたくなる。

MINI JOHN COOPER WORKS|ミニ ジョン・クーパー ワークス

しかも、ミニのJCWの6ATという“振れ幅”の大きなモデルの試乗会を、なんと袖ヶ浦フォレストレースウェイという立派なサーキットで開こうというのだから、BMWジャパンが何を考えているのかトンとわからなくなってしまった。果たして、これは歴史的なミスキャスティングなのか? それとも、私の頭があまりに硬くて古くさいのか? OPENERS編集部のSが運転する初代ミニ(といってもBMW製のほう)の助手席で、私はこの日の試乗会の狙いを理解しようとして賢明に努力していた。