MAFEX SPACE SUIT GREEN Ver. / LIGHT BLUE Ver.|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|MAFEX SPACE SUIT GREEN Ver. / LIGHT BLUE Ver.

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

50年前、1本の作品が映画の歴史を変えた。
SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』

Text by SHINNO Kunihiko

今年はスタンリー・キューブリック監督の名作『2001年宇宙の旅』(’68年)公開から50周年。これを記念して米ワーナー・ブラザースはクリストファー・ノーラン監修のもと新たに70mmプリントを作成。日本でもこの秋、国立映画アーカイブで期間限定上映され、引き続きIMAXでデジタル上映された。11月21日(水)には日本語吹替音声を追加収録した4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター版ブルーレイがリリース。

ファッション界においても、UNDERCOVERが2018年秋冬コレクションで映画『2001年宇宙の旅』にインスパイアされた作品を発表。劇中に登場する人工知能HAL(ハル)9000型コンピュータを模したボディバッグや「HUMAN ERROR」「COMPUTER MALFUNCTION」といった文字をプリントしたジャケットなどで、ファンを沸かせたことは記憶に新しい。

メディコム・トイも昨年、木星探査に向かう宇宙船ディスカバリー号乗組員用の宇宙服を「MAFEX SPACE SUIT ORANGE Ver.」「MAFEX SPACE SUIT YELLOW Ver.」として発売し好評を博したが、今回はその第2弾。木星探査に向けて航行する宇宙船ディスカバリー号にはデビッド・ボーマン船長、フランク・プール以外にも出発前から人工冬眠中の3名の乗組員が搭乗していたが、そのうち劇中で確認できるグリーンとライトブルーの宇宙服を立体化した。

ヘルメットの形状や生命維持装置など細部まで精密に再現された可動フィギュアを手に入れて、遥か彼方の宇宙に思いを馳せてみてはいかが? ちなみにライトブルーの宇宙服は、船内でデビッド・ボーマン用(オレンジ)、フランク・プール用(イエロー)と並べて飾られているシーン、グリーンの宇宙服は反乱を起こしたHAL9000と対峙する際、ボーマン船長がヘルメットを着用するシーンで確認できる。

3_MEDICOM-TOY_OPENERS
1_MEDICOM-TOY_OPENERS

原型製作/PERFECT-STUDIO 各全高約160mm。可動式フィギュアスタンド付属。各6264円(税込)。発売中。
2001:A SPACE ODYSSEY and all related characters and elements © & TM Turner Entertaiment Co.(s18)

問い合わせ先

メディコム・トイ ユーザーサポート

Tel.03-3460-7555 受付時間11:00〜18:00(土日祝日を除く)

http://www.medicomtoy.co.jp