アウディ「e-tron」のワールドプレミアイベント「The Charge」が開催|Audi

アウディ「e-tron」のワールドプレミアイベント「The Charge」が開催|Audi

CAR FEATURES

Audi e-tron|アウディ e-tron

「e-tron」のワールドプレミアイベント「The Charge」が開催(2)

アフターパーティにはDJ ディプロが登場、会場は巨大なクラブに

会場の中に歩を進めると、外部と同様、ライトやドローンによるドラマティックな演出がなされており、あたかもファッションショーやロックコンサートが始まるかのような雰囲気に圧倒される。ほどなくして、会場内に設えられたステージにアウディAGのアブラハム・ショットCEOが登壇。こうして、盛大なイベントの幕が切って下ろされた。

The Charge – world premiere of the Audi e-tron
The Charge – world premiere of the Audi e-tron

「私たちは、デザイナーやエンジニア、ディーラーやお客様の総力を結集し、真にスペシャルなモノをつくりあげました。アウディ初となる電気自動車、アウディ e-tronです。私たちは電気自動車の新しい世界に、プレミアムカーメーカーとしての100年の歴史を融合させました。アウディは自動運転というモビリティの新しい潮流をつくりだし、電気自動車を新たなるレベルに導きます。まさに今がその時です」

そう語ると、鮮やかなブルーにペイントされたe-tronがステージ上に現れ、会場は盛大な拍手に包まれた。

The Charge – world premiere of the Audi e-tron
The e-tron as starting signal: Audi launches e-offensive

プレゼンテーション後のアフターパーティでは、世界的なDJ/テクノミュージシャン、ディプロによるビートの効いたテクノミュージックが鳴り響き、アウディの最新テクノロジーが注ぎ込まれたe-tronのワールドプレミアをさらにドラマティックなものに演出。巨大なクラブ空間と化した会場でゲストたちは、アンヴェールされたe-tronを目の当たりにしながら、盛大なショーの余韻を楽しんでいた。

テクノロジーにより未来を切り拓くプレミアムカーブランド、アウディ。今回、歴史的建造物をリノベーションしたヒップなイベントホールを舞台に、デジタルアートや音楽を融合させたクリエイティビティあふれるエンターテインメントなショーを世界中から招待されたゲストとともに体験し、改めて同社がカーブランドに留まらない、ライフスタイルブランドなのだという認識を強くした。

Page 3.サンフランシスコの伝説的な公会堂を舞台に開催された「テックパーク」