ジャガーXKRを試す|Jaguar

ジャガーXKRを試す|Jaguar

CAR IMPRESSION

Jaguar XKR|ジャガー XKR

ジャガーはスポーツカーブランドに還る

ジャガーXKRに試乗(2)

再びスポーツカー路線へ

デザインを担当したのはイアン・カラム氏。アストンマーティン「ヴァンキッシュ」で名を馳せた人物である。つまり“超”がつくほどのスポーツカー好き。そんな彼の渾身の作品なのだから、「XJ」が“攻め”なのは当然の結果といえる。

大型サルーンマーケットの高年齢化はジャガーに限ったことではない。メルセデスもBMWもおなじような状況にさしかかっていた。が、彼らは反応が早かった。特にメルセデスは「Sクラス」におけるマーケットの若返りをはかった。その結果として生まれたのが現行モデル。先代よりフェンダーが膨らみ、マッチョなイメージと化した。つまり、クルマ全体のイメージをスポーティかつアグレッシブにし、より若いマーケットへの訴求を強めたのだ。

前置きが長くなってしまったが、筆者がつたえたいことは、ジャガーが再びスポーツカー路線を歩みだしているということ。フラッグシップの「XJ」もそうだし、ここで紹介する「XK」シリーズもまさにそれに値する。

それではジャガーは、スポーツカーブランドとしてどんな足跡を残してきたのだろうか。