マイルドハイブリッドのAMG「53シリーズ」を発表|Mercedes-AMG

マイルドハイブリッドのAMG「53シリーズ」を発表|Mercedes-AMG

Mercedes-AMG E 53 4MATIC +

CAR NEWS

Mercedes-AMG E 53 4MATIC +|メルセデスAMG E 53 4MATIC +
Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +|メルセデスAMG CLS 53 4MATIC +

直6+マイルドハイブリッドのメルセデスAMG53シリーズ(2)

AMGらしいスポーティな内外装

駆動系には、ハイパフォーマンスエンジンのパワーを四輪に最適配分する四輪駆動システム「AMG 4MATIC +」を搭載。トルクを前後50:50から0:100の範囲で可変配分し、絶対的な安定性と思いのままのドライビングを実現するという。さらにマルチチャンバー型エアサスペンションの「AMG RIDE CONTROL +」により、各輪の減衰力が走行状況と路面状況に合わせて自動調整されるとともに、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」の3モードの選択が可能になっている。

エクステリアでは、フロント部のデザインがモデルにより異なるのが特徴だ。グリルは「Eクラス セダン」「Eクラス ステーションワゴン」がダイヤモンド グリル、「Eクラ スクーペ」「Eクラス カブリオレ」と「CLS」がシルバークロームのツインブレード グリルを採用。フロントスポイラーはシルバークロームのスプリッターを備えるほか、エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、標準モデルとの差別化が図られている。

327-mercedes-amg-53-06

Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +

327-mercedes-amg-53-02

Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +

サイドではCLSにはエアカーテンが装備されるほか、EクラスとCLSでデザインが異なる20インチのハイグロスブラック/シルバーのツートーン5ツインスポーク アルミホイールが装着される。リアではボディ同色のトランクリッド スポイラー リップ(ステーションワゴン以外)や大型リアディフューザー、円形デュアルエグゾースト エンドが目を引く。またCLSには新たにハイビームを補う「ウルトラハイビーム」を搭載。40km/h以上の速度で走行する際、約650メートル以上の距離に渡って1ルクスを上回る明るさで照射し、視認性を高めている。

インテリアでは、Eクラス、SクラスのAMG 63シリーズが採用するAMGパフォーマンス ステアリングホイールを装着するほか、「クラシック」「スポーツ」「プログレッシブ」の3つから好みで設定することができるコックピットディスプレー、エンジン/トランスミッションのオイル温度、前後/横方向の加速度、エンジン出力/トルク/過給圧などを表示するAMGメニューなどを備える。

価格はメルセデスAMG E 53 4MATIC +のセダンが1,202万円、同ステーションワゴンが1,239万円、同クーペが1,213万円、同カブリオレが1,268万円、メルセデスAMG CLS 53 4MATIC +が1,274万円。納車はEクラスのセダンとステーションワゴンが9月、CLSは10月、Eクラスクーペとカブリオレが11月を予定している。

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610