マセラティとアバルトのコラボモデルが日本上陸|ABARTH

マセラティとアバルトのコラボモデルが日本上陸|ABARTH

CAR NEWS

ABARTH 695 Edizione Maserati|アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ

マセラティとアバルトのコラボモデルが日本導入

フィアット クライスラー ジャパンは、1月11日、東京オートサロン2013にて「アバルト 500」のマイナーチェンジ、「アバルト 595」の新規導入にくわえ、マセラティとアバルトのコラボレーションモデルである特別限定車「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」を出展した。

Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)

世界499台中100台が日本へ

フィアット クライスラー ジャパンは、「アバルト 500」のモデルバリエーション中、最高の性能を誇る「アバルト 695 トリブート フェラーリ」につづき、おなじ「695」を冠する特別限定車「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」を日本に導入すると、東京オートサロン2013にて発表した。

ベースとなるのはカブリオレバージョンの「アバルト 500」である、「アバルト 500C」。フィアット クライスラー ジャパンは卓越したスポーティさとマテリアルや細部へのこだわり、優れた快適性を同時に達成した、エレガンスとスポーティさを凝視したモデルと謳う。

ボディカラーは「ポンテベッキオ ボルドー」という3層メタリック塗装。ボディサイドには専用バッヂを装着する。足もとは、マセラティのエンブレム「トライデント」をモチーフとしたスポークが特徴的な17インチアロイホイール。2ウェイバルブのエクゾーストシステムは「レコードモンツァ」とよばれるもの。

インテリアに目をうつすと、サンドベージュのレザーシートには695のエンボスが施され、トリムなどにはカーボンプレートがあしらわれるほか、車両ナンバープレートを装着。オーディオは、JBL製のサウンドシステムを搭載する。

走行性能を支えるエンジンは、「アバルト 695 トリブート フェラーリ」同様、最高出力180psを発生する1.4リッター4気筒ターボエンジン。トランスミッションは、「アバルト 595」同様にATモード付きの5段シーケンシャルとなるが、変速時間が速い「アバルト コンペティツィオーネ」。さらにステアリングホイールにはパドルシフトを備える。性能の大幅な向上にあわせて、もちろんブレンボ製のブレーキをはじめ、シャシーにも強化が施されている。

世界499台限定の「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」。なんと日本には100台が導入される。価格は499万円。ステアリングは左。2月1日より予約受付を開始し、発売は3月1日となる。

spec

ABARTH 695 Edizione Maserati|アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ
ボディサイズ|全長3,655×全幅1,625×全高1,505mm
ホイールベース|2,300 mm
トレッド 前/後|1,410 / 1,405 mm
トランク容量|182-547 リットル
重量|1,160 kg
エンジン|1,368cc 直列4気筒 DOHC ターボ
最高出力| 132kW(180ps)/ 5,500 rpm
最大トルク|259Nm(25.5kgm) / 3,000 rpm
トランスミッション|オートマチックモード付き5段シーケンシャル
駆動方式|FF
タイヤ 前/後|205/40R17
燃費|14.1 km/ℓ
CO2排出量|165 g/km
価格|499万円