ルノーメガーヌ エステート GTライン に試乗|Renault

ルノーメガーヌ エステート GTライン に試乗|Renault

CAR IMPRESSIONS

Renault Megane Estate GT Line|ルノー メガーヌ エステートGTライン

メガーヌ エステート GTラインに試乗

3代目「メガーヌ」のマイナーチェンジにあわせて、ワゴンモデル、「メガーヌ エステート」がついに国内に導入された。それもルノーのモータースポーツ部門、「ルノー スポール」が特別に仕立てあげた「GTライン」での展開である。レースの、ラリーの現場で鍛え上げた、職人たちの経験とワザが投入された、この「メガーヌ エステート GTライン」。はたして大谷達也氏の判定は?

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by ARAKAWA Masayuki

部品がおなじ=おなじクルマ、ではない

「日産もルノーもおなじパーツを使っているんだから、わざわざルノーなんか買う必要ない」とおもっているアナタは、もしかすると大損をしているかもしれない。

日産とルノーがアライアンスを結んだのは1999年だから、もう13年も前のこと。この種の提携にしては珍しく、両メーカーの主戦場となる車格が比較的近かったことも手伝い、ふたつのメーカーは部品の共用化をこれまで積極的に推し進めてきた。

たとえば、「メガーヌ」に用いられている「Cプラットフォーム(シャシーの基盤をなす部分)」は日産とルノーが共同開発したものだし、メガーヌが積む「M4R」エンジンもおなじく日産との共同開発品(日産では「MR20DE」)。そして6段マニュアルモードつきCVTは、日産の関連会社である「JATCO」から供給されるものだ。だから「部品がおなじ」というのは、ある程度まで正しい。

では、「部品がおなじ」だと「クルマもおなじ」になるのか?  こたえは絶対に「ノー」だ。たとえば、現行型のルノー「トゥインゴ」は先代の日産「マーチ」とおなじシャシーを使っているけれど、乗り心地はトゥインゴのほうがストローク感があってあきらかに快適。

また、サスペション性能がすぐれているため、コーナーリング中にタイヤが音を上げることは滅多にない。いずれも、先代マーチとは次元が異なるといっていいくらい、トゥインゴのパフォーマンスは高く感じられる。ウソだとおもうなら、乗りくらべてみるといい。あっという間にそのちがいに気づくはずだ。