EAT|最上級シャンパーニュと日本伝統技法の出合い「クリュッグ バンブーボトルクーラーセット」

EAT|最上級シャンパーニュと日本伝統技法の出合い「クリュッグ バンブーボトルクーラーセット」

EAT TOKYO Tips

EAT|最上級シャンパーニュと日本伝統技法の出合い

「クリュッグ バンブーボトルクーラーセット」が数量限定で発売

シャンパーニュメゾン、クリュッグを代表する「クリュッグ グランド・キュヴェ」と日本の伝統文化の出合いにより生み出された「クリュッグ バンブーボトルクーラーセット」が、2月20日(水)から東京、名古屋、大阪の主要百貨店で数量限定発売される。

Text by YANAKA Tomomi

アウターは葡萄から滴るみずみずしい一滴を表現

類まれなる職人技を礎とし、究極の歓びを追求するメゾン、クリュッグが、日本の伝統工芸をもちいて“究極のボトルクーラー”をつくろうと2011年にスタートしたこのプロジェクト。今回、平安の時代から京都で脈々とその技と心を受け継いできた「竹材店 竹又」と、分野を越えたものづくりで高岡銅器の魅力をいまに伝える「能作」とのコラボレーションが実現。クラフトマンの技と美意識が紡ぎだす、あたらしい感性のボトルクーラーが誕生した。

デザインは、スペースコンポーザーの谷川じゅんじ氏が担当。竹製のアウターは葡萄から滴るみずみずしい一滴をイメージした、ディアドロップデザインだ。日本の代表的なエレメントである竹は、葡萄畑を吹き抜ける風や土の香りを想起させ、自然と人の調和を象徴しているという。

クリュッグ バンブーボトルクーラーセット 02

また、鋳物製のインナーはシンプルなボイド型。外面の完全鏡面磨き、内張りの金箔仕上げともに、熟練の職人のみがなせる手わざの極みをみせ、伝統技法に裏付けられたアーティスティッククリエーションが華開いた。

妥協を許さぬ技術を培ってきたクリュッグだからこそ、日本の匠と共鳴できる。フランスと日本という、国を越えたつくり手の想いをぜひ手にとって体感したい。

クリュッグ バンブーボトルクーラーセット 03

クリュッグ バンブーボトルクーラーセット
発売開始|2月20日(水)
内容|クリュッグ グランド・キュヴェ750ml 1本、ボトルクーラー
取り扱い|東京、名古屋、大阪の主要百貨店
価格|10万5000円

ABOUT
TANIGAWA Junji

スペースコンポーザー JTQ株式会社 代表 www.jtq.jp 1965年生まれ。2002年、空間クリエイテ […]