ベントレー コンチネンタル GTC V8に試乗|Bentley

ベントレー コンチネンタル GTC V8に試乗|Bentley

CAR

BENTLEY CONTINENTAL GTC V8|ベントレー コンチネンタル GTC V8

開けてよし閉めてよし

ベントレー コンチネンタル GTC V8に試乗

ベントレー「コンチネンタル GTC V8」を駆り、紅葉深まる山梨県八ヶ岳をオープンエアドライブ。12気筒とはひと味ちがうV8サウンドを響き渡らせ、九島辰也がレポートする。スペックだけでは計れない、ベントレーの世界がそこにはあった。

Text by KUSHIMA Tatsuya
Photographs by NAITO Takahito

V8 + オープントップ

森林浴である。それはまるで朝もやの林道を歩いたときの、心地よい木の香りそのものであった……

そんな気分を抱いたのはなんと工場の一角。英国クルーにあるベントレーの生産ラインでのことだ。インテリアに使われるウッドパネルを乾燥させる部屋は、まさに森林浴でもしているような香りに満たされる。これまでいくつもの自動車工場に足を踏み入れてきたが、こんな体験はしたことがない。

「コンチネンタル GTC V8」に乗り込んだとき、そんなことをおもい出した。ダッシュボードに貼られるTamo Ash(タモアッシュ)のウッドパネルが目に飛び込んできたからだ。建材にも使われるそれは日本でも見ることができる樹木。一般的に多いウォールナットよりも色が薄い分、室内の表情を明るくする。まさにベントレーらしくエレガントなインテリアをつくる素晴らしい演出だ。

オープントップのコンチネンタル GTC V8は、今年3月のジュネーブモーターショーで発表されたものだ。年の頭のデトロイトモーターショーでクローズドの「コンチネンタル GT V8」がリリースされ、それにつづいた。矢継ぎ早にターンテーブルに載ったことを考えれば、ほぼ同時に開発がおこなわれたのだろう。W12モデルでも人気のGTCだけに、その活躍ははじめから期待されていたにちがいない。

よってパワートレーンを含めスペックはGTと変わらない。サイズもそうだし、エンジンもそうだ。4リッターV8ツインターボは最高出力507psを発揮する。W12が575psだから、そこはしっかり差別化されたことになる。とはいえ、もはや500psをも越えると、アウトバーンの速度無制限エリアかレースウェイにでも持ち込まない限りなかなかちがいがわかるものでもない。スーパースポーツカーであることに異議はないだろう。最高速度301km/h、0-100km/h加速5秒は立派な数値だ。