中村獅童がゴルフGTI Dynamicで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Golf GTI Dynamic|フォルクスワーゲン ゴルフGTI Dynamic

伝統と攻めのバランス。
ゴルフGTI Dynamicに芯の強さを感じた

歌舞伎界きってのクルマ好きとして知られる中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹と連れ立って、フォルクスワーゲンで行くUnexpectedなトリップの第3弾。今回は東京から日帰り圏内、近いけれどディープで興味深いスポットが存在する埼玉へ、「ゴルフGTI Dynamic」で向かった。

記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。

Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by NAGAO MasashiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by NANYO Kazuhiro
衣装協力 GUCCI JAPAN

赤いアクセントが特別な雰囲気を醸すゴルフ

初夏の空が晴れ渡った早朝の池袋。まだ交通量の少ない西口の一角に、歌舞伎役者の中村獅童さんが、「ゴルフGTI Dynamic」を軽快に走らせながら現れた。

golf-gti中村獅童
cut_00072

「おはようございます!」。路肩で獅童さんと待ち合わせたのは弊誌編集大魔王こと祐真朋樹。

今回も「Unexpected(予想外、意外)」をテーマに、前々回の長野、前回の四国に続いて、獅童さんが趣向を凝らした男二人旅に、祐真を誘い出したのだ。

「GTIはスポーティですね」。開口一番に祐真が述べると、「グリルとホイールに、赤いアクセントが入っているのがポイントです」と、獅童さんが応じた。

cut_00119
cut_00191

「こういうスポーティなハッチバックは、世界的に若い人に好まれるのかもしれない。僕も25歳の時、ゴルフのハッチバックに乗っていたんですけど、バンパーに赤い線が入ってました」

今回の旅の相棒は「ゴルフGTI Dynamic」。初代ゴルフから続く伝統のモデル「GTI」のリミテッドエディションだ。

リムが赤く縁どられた専用の18インチホイールに、3種類の走行モードが選べるアダプティブシャシーコントロール「DCC」、12.3インチの大型ディスプレイにフルデジタル表示となるメータークラスター、タッチパネルに触れずに操作ができるジェスチャーコントロールを備えたインフォテイメントシステムなど、内外装の装備を充実させた特別限定モデルとなる。

cut_02775

祐真 「シートも、チェック柄でかわいいですね。ちなみに今日の旅はどんなところに?」

獅童 「今回は大人の日常から離れて、少年の心に戻れるような遊びをしたいと思います」

サンシャイン60を横目に首都高5号線下りに合流するため、獅童さんがアクセルを軽く踏み込むと、230psを発生する2リッター直4ターボエンジンの低い唸り声を伴いながら、ゴルフGTI Dynamicは力強い加速を見せた。

祐真 「速いクルマですね。ところでGTIはどういう位置づけのモデルなんですか?」

獅童 「初代のゴルフ1から存在する、ゴルフの中でも伝統のスポーティモデルみたいです。ゴルフ Rほどパワフルではないけれど、より軽快で、荷物もちゃんと積めて、大人4人が快適に乗れるという、ゴルフの特長を凝縮したようなモデルですね」

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタ […]