メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz G Class|メルセデス・ベンツ Gクラス

Mercedes-AMG G 63|メルセデスAMG G 63

メルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型を発表 (2)

大幅に変更されたインテリア

エクステリアに対し、大きく変更されたのはインテリアだ。女性がデザインしたというインテリアは、左右のエアアウトレットをヘッドライト、その上のスピーカーはウインカーをイメージし、Gクラスのエクステリアをドライバーにも意識させている。

一方、助手席前方のグラブハンドルや、3つのディファレンシャルロックを操作するクローム仕上げのスイッチなどは、これまでの特徴として継承された。

015_mb_gclass
017_mb_gclass

また、これまではブラックレザーの印象が強かったインテリアカラーもベージュやブラウンなど多くのバリエーションが揃えられ、よりラグジュアリーな印象を与えている。

最も印象を変えたのはインパネだ。2つの12.3インチの高精細ワイドディスプレイを1枚のガラスカバーの下に配したワイドスクリーン コクピットを採用し、最新のメルセデスベンツのインパネ周りを踏襲した。

オフロード性能をより向上

当然のことながら、新型Gクラスも高いオフロード性能を備えている。Gクラス開発チームがメルセデスAMGとともに開発したサスペンションは、フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンションと、リアのリジッドアクスルが組み合わされ、また、270mmの地上高を確保した結果、以下のような悪路走破性を確保した。

044_mb_gclass

登坂能力|適切な路面で最大100%
前後アクスル間最低地上高|24.1cm(従来比+6mm)
最大渡河水深|水中・泥中走行時70cm(従来比+10cm以上)
安定傾斜角度|35°(従来比+7°)
デパーチャー アングル|30°(従来比+1°)
アプローチ アングル|31°(従来比+1°)
ランプ ブレークオーバー アングル|26°(従来比+1°)

同時にオフロード走行に適したラダーフレームを新設計。最大3.4mm厚のスチール鋼板を“ロ”の字型にした鋼材から製作し、MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性が高められた。