とっておきのお店リストに加えたくなる「鮨 まつもと」|EAT

とっておきのお店リストに加えたくなる「鮨 まつもと」|EAT

EAT TOKYO Tips

EAT|もう一度訪れたいと記憶に残る一軒

とっておきのお店リストに加えたくなる「鮨 まつもと」(2)

飽きさせず鮨屋らしい醍醐味を

店主・松本の遊び心やアイデアは、寿司職人としての豊かな経験と、飽くなき探求心に由来している。

銀座九兵衛で10年間修業した後、韓国へ渡り自らの店をオープン。日本の食文化を外から見るという経験からも、独自の創造性を育んできたのだろう。

009_sushi_matsumoto
006_sushi_matsumoto

今も様々なジャンルの料理を食べ歩き、個人的好奇心を満たしながら新メニューの発想を得るという。常に新しいものを求める気持ちは今もとどまるところを知らない。

それは、海外からの客や常連などに配慮して、飽きさせず、常に驚きを提供し、鮨屋らしい醍醐味を体験してもらいたいという気持ちゆえだという。

一度でも「鮨 まつもと」の暖簾をくぐれば、そんな店主の心意気が料理の隅々までいきわたっていることがわかるだろう。もちろん、美味しい魚介に合わせる酒も用意されている。

店主のおすすめは、広島生まれの日本酒「夜の帝王」。名前から受ける印象に反して、飲み口が優しく、さしみやつまみなどと一緒にスターターとしてもぴったり。冷でもお燗でも味わいが深い特別純米酒だ。

カウンター8席という空間も、そのプライベート感が心地良い。4名で使える個室も一室あるので、ビジネスディナーにもぴったりだ。

013_sushi_matsumoto

昼は、にぎりのみの1コース(1万円~/要予約)が楽しめる。まずは、伝統的な寿司からこの店を知るというのもおすすめだ。

大人なら誰でも持っている、とっておきのお店のリスト。そこに、新たに加えたくなる1軒だ。


002_sushi_matsumoto

「鮨 まつもと」

東京都港区赤坂3-12-18-3F
TEL:03-5544-8500
営業時間|12:00~14:30(L.O.)/
18:00~22:00(L.O.)
定休日|日・祝日
要予約

ABOUT
牧口じゅん

牧口じゅん|MAKIGUCHI June 共同通信社、映画祭事務局、雑誌編集を経て独立。スクリーン中のファッションや食、音楽など、 ライフスタイルにまつわる話題を盛り込んだ映画コラム、インタビュー記事を女性誌、男性誌にて …