vol.18「青春の、キャンバススニーカー」MOONSTAR |ムーンスター

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.18

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

MOONSTAR “LOW BASKET”|ムーンスター「ローバスケット」

MOONSTAR “GYM CLASSIC HI”|ムーンスター「ジムクラシック ハイ」

s_s_001_best7_18_moonstar
s_s_005_best7_18_moonstar

祐真 「『ムーンスター』という社名にピンとこなくても、前社名の『月星(化成)』はスタイリストの僕にとっては大いに馴染みのある名前です。原宿近辺でリースに回る際に必ず通る神宮前三丁目の交差点を指差して「月星の角を曲がってください」と、今までタクシーの運転手さんに何千回言ったことか! 今回のテーマでここのスニーカーをピックアップした際、かつてのランドマークを思い出したのは言うまでもありません。

地下足袋の誕生からゴム産業の発展で栄えた福岡・久留米で140年以上の歴史を持つムーンスター。しなやかな履き心地のベーシックモデル『LOW BASKET』や、1960年代のトレーニングシューズをルーツにした『GYM CLASSIC HI』など、妥協を許さないものづくりの姿勢が投影されたキャンバススニーカーは、シンプルななかにもMADE IN KURUMEならではの独自のスタイルを持つ名品といえます。

月(ムーン)と星(スター)のトレードマークが記されたキャンバススニーカーを、学校の上履きとして履いていた経験を持つ人も多いことでしょう。大人になってまた履きたくなるかは別にしても、履いている人を見ればノスタルジックな気分になってくるものです。キャンバススニーカーは青春の思い出を彷彿とさせるアイテムでもあるのかもしれません。チューリップの名曲『虹とスニーカーの頃』を思わず口ずさみたくなります」

LOW BASKET(白)7900円、GYM CLASSIC HI (黒)8900円(ともにムーンスター/ムーンスター カスタマーセンター 0800-800-1792)

s_s_002_best7_18_moonstar_cube
s_s_003_best7_18_moonstar_cube
s_s_004_best7_18_moonstar_cube
問い合わせ先

ムーンスター/ムーンスター カスタマーセンター

0800-800-1792