vol.18「青春の、キャンバススニーカー」Spring Court ”G2 VELCRO”| スプリングコート「G2 ベルクロ」

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.18

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

一年を通してコーディネートに欠かせないアイテムとなっているキャンバススニーカー。これからの季節、ジャブジャブ洗って天日に干したスニーカーを素足に履くのは実に気持ちがいいし、おろしたての新品をシックな着こなしのドレスダウンに使うのもナイス。ド定番ではあるが、捨てがたい。抜群の小技を次々と繰り出してくれるのもスニーカーなのです。今回の編集大魔王の偏愛アイテムは、あのブランドのあの名品。こだわりの理由にも思わず納得です。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

Spring Court ”G2 VELCRO”| スプリングコート「G2 ベルクロ」

s_s_001_best7_18_springcourt
s_s_005_best7_18_springcourt

創業者のセオドア・グリムメイセンが、1900年代初期にテニスシューズとしてキャンバス地とゴム底を独自の製法で合わせたスニーカーを考案。まるでバネ(=スプリング)がテニスコート(=コート)の中で弾んでいるようにみえたことから1936年に「スプリングコート」というブランド名でコレクションを始動。三本のベルクロで脱ぎ履きしやすいキャンバススニーカーは、フランスのブランドらしいクラシカルな雰囲気が特徴的。アイコニックな両サイドの4個の空気穴も健在だ。

1万2000円(スプリングコート/コリブリPte Ltd 03-6868-5199)

s_s_002_best7_18_springcourt
s_s_003_best7_18_springcourt
s_s_004_best7_18_springcourt
問い合わせ先

スプリングコート/コリブリPte Ltd

03-6868-5199