ゴルフ7海外試乗リポート – 島下泰久編|Volkswagen

CAR NEWS

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン ゴルフ

クルマの未来は明るい

7代目ゴルフの進化を体験

アウディベントレーランボルギーニブガッティ……多数の名門自動車ブランドを擁する巨大グループ、フォルクスワーゲングループを代表するクルマ、それこそが「ゴルフ」だ。ゴルフこそが、現代のクルマのベンチマークであり、時代の到達点といっても過言ではないだろう。OPENERSは、いずれも初試乗となる2人の専門家による評価を掲載する。おなじみ、河村康彦氏につづいては、こちらもおなじみ、島下泰久氏のインプレッションが到着。ゴルフ6からゴルフ7への進化を体感して、心が弾んだという島下氏がそのワケを語り尽くす!

小川フミオ氏による新型ゴルフ 国内試乗記はこちら

Text by SHIMASHITA Yasuhisa

一見おなじようで……

7世代目となる、あたらしいゴルフのプレス向け国際試乗会が開催されたのは、イタリアはサルディニア島。空港を出ると目の前の駐車スペースには、出発を待つ数十台のゴルフがずらりと並べられていた。

誰の目にも明らかにゴルフと分かるスタイリングは今回も踏襲されている。興味の無い人なら新型だと分からないかもしれない。しかしながらゴルフを知る人であればひと目見て、そして見れば見るほどに、実は現行モデルとは結構ちがうなと気付くにちがいない。

いつも話題になるボディサイズは、またも少し大きくなっている。全長は56mm、全幅は13mm増えて、全高が28mm低くなった結果、スリーサイズは4,255×1,790×1,452mmに。そしてホイールベースは59mm長い2,637mmとなった。興味深いのは前輪の位置が、ドライバーを基準にすると43mm前に出て、オーバーハングが短縮されたこと。これによりノーズが長く、キャビンが後退した、VWの32歳の若きエクステリアデザイナー、フィリップ・レーマーズ氏曰く“プレミアムカーのようなプロポーション”を描き出しているのだ。

Volkswagen Golf 1.4TSI|フォルクスワーゲン ゴルフ 1.4TSI
Volkswagen Golf 1.4TSI|フォルクスワーゲン ゴルフ 1.4TSI

それにしてもデザインは細部までよく練られている。ドアミラーの取り付け方は変更され、サイドウインドウには小さな三角窓が付いた。これもまたプレミアム感の演出につながっているという。言われてみれば、確かにというところである。

ラジエーターグリルとヘッドライトユニットを貫く水平のラインは、よく見るとボディサイドのキャラクターライン、さらにはテールランプからリアゲートを横切るラインとの連続性が意識されるものとなっていて、重心を低く見せている。

面白いのはゴルフの個性である太い“く”の字型のCピラーにはキャラクターラインが入らず、フラットな面が形づくられていること。

これは前出のレーマーズ氏によれば「シンプルで力強い『ゴルフ2』、そして『ゴルフ4』のイメージを引用した」とのこと。

実際、ここからリアホイールアーチにかけてのボリューム感が、これによってさらに強調されていて、斜め後方からの眺めを、想像以上に印象のことなるものとしているのだ。

Volkswagen Golf 1.4TSI|フォルクスワーゲン ゴルフ 1.4TSI

一見おなじようかとおもいきや、やはり間違いなく別物。しかも見るうちにじわじわ来て、次に現行モデルを見た時には、もはや古く感じさせてしまう。まったくもって巧みなデザインなのである。

ゴルフ7海外試乗リポート - 島下泰久編|Volkswagen ギャラリー

TAG
BRAND
  • bag_collection_2015
  • j&m-davidson
  • tokyoflagship
  • banner_fortune